落ち葉の散歩道


もう数えきれないほど訪れたこの道。

落ち葉を踏みしめて歩く先には

かつて訪れたいくつもの光景が

待っているような気がしてきました。

b0255144_22081097.jpg

いつの日か、幼かった子供達と一緒にどんぐりを拾った道。

今でもどんぐりをみつけると

拾って帰りたくなります。


青々としたもみじがまだたくさん残っていました。

b0255144_22090063.jpg


見上げてみると・・・
b0255144_22090778.jpg


しいんと静かな道をひとりで歩きます。
b0255144_22092112.jpg

どんぐりではなく、

過ぎた日々を拾い集めながら歩くような・・・。



少しずつ、そして確実に季節は移り
b0255144_22084990.jpg
やがて木々は葉を落とし

この彩りもモノトーンに変わります。



遥か遠くに白いアルプスが見える季節。
b0255144_22093740.jpg

冷たい風の中にいても

心をあたためてくれるものを

ひとつ ふたつ・・・ と数えて

大切に胸の奥にしまいたくなるのです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
# by miyabiflower | 2016-12-07 00:01 | 風景 | Trackback | Comments(2)

帝国ホテルのクリスマスツリー 2016

日比谷にでかけたので

帝国ホテルのクリスマスツリーを見てきました。

b0255144_10491355.jpg

落ち着いた配色に見えますが

近くに寄ってみると・・・

b0255144_10500422.jpg



b0255144_10503105.jpg

なんだか不思議なオーナメントが・・・。

b0255144_10511364.jpg

パステルカラーのボール?

b0255144_10513498.jpg

ケーキデザイナー、マギー・オースティン氏の

シュガークラフトだそうです。

b0255144_10531760.jpg



b0255144_10561984.jpg

ひとつひとつが手作りで

b0255144_10562550.jpg

ひとつ作るのに2時間かかるとか・・・。

b0255144_10573088.jpg

全部で240個飾られているそうです。

b0255144_10582404.jpg


そして、毎年恒例のこの赤い薔薇。
b0255144_10590289.jpg

白い花水木もシュガークラフトです。



甘い甘いクリスマスツリーを見て

我が家の小さなクリスマスツリーを思います。

b0255144_10585465.jpg

大きなクリスマスツリーを見上げていると

過ぎた遠いクリスマスのひとこまが

次々と浮かんでは消えていきました。

暖かかったり、懐かしくて少し切なかったり・・・。


きらきらと輝く光の中には

宝物のような笑顔がいくつも見えていました。


今年のクリスマスもまた

いつか懐かしい思い出に変わります。



2015年の帝国ホテルのクリスマスツリーはこちらからどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

# by miyabiflower | 2016-12-03 11:47 | 楽しい | Trackback | Comments(20)

讃岐かがり手まり 東ちぢみ


讃岐かがり手まり』を習い始めてから

いつのまにか五年経ちました。

当初はひと月にふたつかがっていたのですが

今は手まりも大きく模様が複雑なので ひとつかがるのがやっと・・・。


少し前に教えていただいたのは‟東ちぢみ”です。

こちらはお手本。

b0255144_20580193.jpg

どんなものにしようかと、ここから楽しく迷い始めて・・・


またパステルカラーになりました。

b0255144_20582730.jpg


  一か月後に教室でお披露目。

他の方の手まりを見るのも楽しみのひとつです。
                     
b0255144_20584830.jpg

ゆっくりでもひと針ずつ進んでいれば必ずできあがる・・・

それは大きな安心感につながります。

b0255144_20585962.jpg

間違えてほどいたりしながらも

少しずつ確実に前に進むことができるのですから。

b0255144_20585493.jpg

長いこと花にかかわってきて

その作品はどれも残っていないので

手まりが手元に残る、ということは

私にとって 格別な喜びになりました。


讃岐かがり手まり®』は香川県の伝統的工芸品です。

糸は讃岐三白(塩・砂糖・綿)の綿を紡いで草木染めしたもので

土台のまりはもみ殻を芯にして糸を巻きつけて作ります。


十月の教室に飾られていた手まり。

b0255144_20590333.jpg

右上は前に教えていただいた十二菊。

自分ではなかなか選べないので

こういうシックな色合いにいつも惹かれます。


慌ただしい日々が続く中でも

落ち着いてゆっくり

丁寧に大切にかがっていきたいものです。

草木染めの糸に語りかけながら

初めてかがった頃の気持ちを忘れずに・・・。


他の讃岐かがり手まりはこちらからどうぞ☆


当ブログの掲載記事及び写真の著作権は管理人にあります。
文章・画像の無断転載(ピンタレストのピンを含む)は固くお断りいたします。

All rights reserved.
Unauthorized copying and pinning on pinterest prohibited.       

# by miyabiflower | 2016-11-27 11:44 | Trackback | Comments(26)