NEW POST

梅仕事 2013:青梅の砂糖煮

友人から送られてきた青梅で、砂糖煮を作りました。

b0255144_15480249.jpg


もともとのレシピは20年ほど前に新聞か何かで読んだものです。
以来何回も作りましたが
砂糖の量や煮る時間はその時によって違っていたと思います。



★★材料★★
梅      1.5キロ
グラニュ糖  1.2キロ(甘さ控えめです。上白糖で作ることもあります)

★★★作り方★★★

 梅はきれいに洗って ひと晩水につけた後、竹串でヘタを取る。

*爪楊枝か針でひと粒に5,6ヵ所ずつ穴をあけると
皮が破けにくくなります*


 梅をほうろうの鍋かステンレス鍋に入れ、
  水をたっぷり注いで弱火にかける。
        
   *沸くのに時間がかかりますが 
    火が強いと対流で梅の皮が破けてしまうので気をつけてください* 

  温度が上がると梅の色が変わります。

b0255144_00431987.jpg


 さらに煮ていると梅が ひとつまたひとつと浮いてきます。

b0255144_00372926.jpg


 お湯がぐらぐらと動かないように気をつけて。

 20分茹でたら火を止め、 梅をひとつずつ菜箸でやさしくつかんで
  水を入れたボウルに移す。

b0255144_00381416.jpg


 皮をむかないようにそぉっと。

 鍋の茹で汁を捨てて 新しい水を入れる。
  その中に梅をひとつずつ戻す。

b0255144_00382308.jpg


  
  このやり方で
  『水から茹でる、水の中に移す』を三回繰り返す。

b0255144_00382913.jpg


  梅を移す時には皮をむかないようにそぉっとひと粒ずつ。

  さあ やっと砂糖を入れて煮るところまで辿り着きました。

 空の鍋に水を入れ、ボウルから梅をひとつずつ移す。
  弱火にかけ、少し沸いてきたら砂糖の半分を入れる。
   
   *砂糖は一ヶ所にどさっと入れないで
    全体に振り分けた方がとけやすい*



b0255144_00433859.jpg




  15分ぐらい煮たら、残りの砂糖を入れ さらに15分ほど弱火で煮る。
  この時も お湯がぐらぐらと動かないように。
  白いアクは丁寧に取る。

   *砂糖をとかそうとしてヘラやお玉で無造作にかきまわすと
    皮がむけてしまいます。
    とけないのが気になる時は梅の向きをそぉっと変えたり
    梅に煮汁をかけるなどしましょう*
  
 そのままさましてできあがり。 



b0255144_00434873.jpg



      瓶に入れるときもそぉっと・・・。



以前火が強すぎて 皮がむけてしまい。
そのままジャムにしてしまったことがありました。

今回はお湯が沸き過ぎていないか、底の方がぐらぐら煮えていないか
火加減が気になって
結局ずっとお鍋の中の梅を見ていました。

砂糖煮のシロップは薄めて梅ジュースに。
時間があれば、梅ゼリー、梅シャーベットも作ってみたいのですが・・・。


b0255144_15481528.jpg

気持ちが急いてる時には作れない砂糖煮です。

梅仕事をした後は いつもとても気持ちがいい・・・。

b0255144_15482022.jpg


梅をひとつひとつ丁寧に扱うことで、
気持ちも落ち着いてくるのかも知れません。

急いでも、焦っても、時間を短縮して作ることはできなくて
必要な時間は省けない・・・。
そういうものが他にもたくさんあることに思い到ります。
またひとつ 心の引き出しに大切にしまうものがみつかりました。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

[PR]
トラックバックURL : http://miyabihana.exblog.jp/tb/20567622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nyankotomint at 2013-06-09 01:08
こんばんは^^
綺麗にできましたね~あ~食べたい!
想像しただけで、口の中が梅の酸味でいっぱいになりました( *´艸`)
これで夏バテ防止はバッチリですね。
私はずぼらなので、梅ジュースを作った時に萎まなかった梅を
軽く加熱して食べちゃいます( *´艸`)
そうそう、去年、炊飯ジャーを使って作る方法を聞いたんですよ。
みなさんいろんなアイディアを考えられているんですね^^
ゆっくり何かと向き合う時間は、知らず知らずに心を癒してくれますね。
そんな時間も大切にしたいですね♪
Commented by tekky521 at 2013-06-09 07:16
砂糖煮、とても手間を掛けて大切に扱うのですね
愛情が注がれて出来上がる過程は、心にもゆとりがないとできませんね
今年は挑戦してみます
自家の青梅は今月末か来月がもぎ取りの頃~
楽しみです♫
Commented by otomeurarafuku at 2013-06-09 07:49
おはようございま~す♪
私も 梅の甘露煮作りました
大事に大事に作ったのに 深い瓶に移す時に 何個か破けてしまいました(・_・;)
瓶は浅い方がいいですね
Commented by odamaki719 at 2013-06-09 07:59
おはようございます!
 梅の砂糖煮が美味しそうに出来上がりましたね。
手間をかけて優しく、優しく扱って煮て出来上がるのですね。
砂糖煮のシロップは薄めて梅ジュースやぜりーやシャーベットも
きっと美味しいでしょうね。これで素敵な夏の楽しみが出来ましたね。
Commented by shima_shima1225 at 2013-06-09 08:01
おはようございます♪
丁寧な梅仕事、、気持ち焦っていては決して出来ない作業ですね。
煮梅の美しいこと・・
miyabiflowerさんのお気持ちが伝わってくるようです。^^
Commented by susi-kagetu at 2013-06-09 09:00
とても手間のかかる作業なんですね。
その分もお味も格別なのでしょうが。
無精者の私は簡単に漬け込んで梅ジュースにしてしまいました。
こうすると梅もシロップも両方楽しめるのですね。
丁寧に季節を味わう余裕を私も持ちたいです。ε-(´・`) フー
Commented by smilelife7 at 2013-06-09 09:10
美味しそうですね。
以前、お蕎麦屋さんで出されたデザートが梅煮で、あまりの美味しさに感動したことがありました。あの時の味は何年経っても覚えています。
こんなに手間隙かけて、愛情を注いで作られるものだったのですね。どうりで美味しいはずです。そして美しい。
miyabiflower さんの梅煮も、誰かにとって忘れられない一品になりそうですね。素敵なことですね。
Commented at 2013-06-09 12:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minto421 at 2013-06-09 13:53
こんにちは♪

梅をとても大事に扱われているのですね・・・
凄いと思います。
工程の途中も目を離さずに見守っていらっしゃる姿に感激しました^^^^
ずぼらな私には、とても真似出来ない事です^^;
梅さんもお幸せ。。。
心の豊かさを見た気持ちです(●^o^●)
Commented by junryu2012 at 2013-06-09 17:57
じゅんりゅうです。
なるほど!メモメモ。
美味しそうですね。疲れもふっとびそう!
Commented by yayoi at 2013-06-09 21:50 x
こんばんは~!

梅の砂糖煮、丁寧に教えて頂いてありがとうございました。
丁寧に手をかけてやることが大事ですね~!
いつか是非やってみたいと思います。

お陰さまで我が家も梅が沢山成ります。
今年は全部塩漬けや焼酎付けが終わりましたので、
また来年にでも挑戦したいと思います。。。

Commented by smallsanta at 2013-06-09 23:04
なんと丁寧な手仕事でしょう。^^
愛情たっぷりでべっぴんさんの砂糖煮の梅さん達。
食べるのがもったいないけど・・・
あ〜ん!と大きな口あけて。。。
一粒いただいてみたいです。
Commented by siimama at 2013-06-10 12:50
こんにちは♪
丁寧な丁寧な梅の扱いには頭が下がります^^
そうやって手をかけた分、梅も美味しく、美味しくなって
応えてくれるんでしょうね・・・。
ず~っと前に、梅酒や梅ジュースは作ったことはありますが・・・。
機会があれば・・・挑戦してみたいです・・・。

丁寧にレシピを載せていただき嬉しいです*^^*
Commented by niji-no-iro at 2013-06-10 16:54
梅の季節ですね。^^
私もいただいた梅で、今日、梅酒と梅サワーを作る準備を
しました。
こちらの青梅の砂糖煮は作ったことありませんが、とっても
美味しそうですね〜(^-^)
Commented by dacha883 at 2013-06-10 19:38
こんばんは。
今日、庭の梅の木になっていた実を収穫しました。
枝垂れ梅になった実ですのであまり立派ではないですが、毎年梅酒にしています。
今年の収穫量は2.5キロでした。
Commented by miyabiflower at 2013-06-10 21:30
nyanさん
砂糖煮はいろいろな作り方があるようですが、
最初に知ったのがこの方法でした。
もちろん最初は 「え~?3回も下茹で? 
         一粒ずつ移す??」 と思いましたが
そういうものだと思ってやってきたので
砂糖煮の日は覚悟を決めて^^取りかかります。
雑に扱うとすぐに皮がむけてしまうので、
ふだんおっちょこちょいな私も
そぉっとそぉっとと集中しているうちに気持ちも落ち着いてきます。
慌ただしい毎日の中で、ほっとする一日です。
Commented by miyabiflower at 2013-06-10 21:35
テッキーさん
砂糖煮はいろいろな作り方があるようですね。
針でぷつぷつと穴をあけて、皮がむけにくくする、という人もいました。
この場合は下茹では一回のようです。
茹でた後水につけておく時間も、
5,6時間からひと晩つける という人まで、
身近な人に訊いてみたらいろいろでした。
機会があったら下茹で一回で作ってみようと思います。
テッキーさんの梅、おいしくできますように♪
Commented by miyabiflower at 2013-06-10 21:41
otomeurarafukuさん
そうですね、瓶はあまり大きいと梅の出し入れがむずかしいですね。
今まで何回か作りましたが、慣れてきた頃に用事をしながら煮ていて、
火が強すぎたことに気づかず、
半分ぐらい皮がむけてしまったこともありました。
失敗も経験のうちですね。
以後、「ながら作り」はしなくなりましたよ♪
Commented by miyabiflower at 2013-06-10 21:46
odamakiさん
気持ちが落ち着かず、早く仕上げようという気持ちでいた時には
梅をつかむ動作が雑になって皮がむけてしまいました。
梅ゼリーやシャーベットも作りたいのですが
そのまま、というのもおいしくて・・・。
そのうちゼリーに、と思っているうちに
食べつくしてしまうかも知れません^^
Commented by miyabiflower at 2013-06-10 21:49
shimaさん
早く作ってしまおう、という気持ちでとりかかって
皮がむけてしまって皮つき種入りのジャムにしたことがありました。
気が急いていると動作が雑になるのでしょうね。
時々は梅作りのように、そぉっとそぉっとという日があると
自分のペースも見直すことができるかしらと思っています。
Commented by miyabiflower at 2013-06-11 01:00
かおさん
なぜか一番最初に知ったのがこのレシピだったので
梅というのは手がかかるものだと思って
覚悟が決まりました。
以来、気を抜いて雑に扱って皮がむけてしまったこともあったり
失敗しながら今の作り方に落ち着きました。
下ゆでの手順もいろいろなやり方があるようですね。
手作りのものがあると なんだかほっとします♪
Commented by miyabiflower at 2013-06-11 01:04
yuukoさん
作り方はいろいろあるようで、
針でぷつぷつと穴をあけてから水につけておくと、
下ゆでは一回でいいそうです。
最初に出会ったのがこの三回茹でるレシピだったので
そういうものだと思って作っていました。
でもどちらにしても 気が急いていては作れなさそうです。
久しぶりに作ったのですが、来年もまた作ろうと思いました。
不思議なのですが、青梅を扱っていると気持ちが落ち着きます。
Commented by miyabiflower at 2013-06-11 01:06
9日12:20の鍵コメさん
ご訪問とコメントありがとうございます。
何にせよ、必要な時間ってあるのですね、このごろよく思います。
そちらにもお伺いしますね。
またいらしてください。よろしくお願いします。
Commented by miyabiflower at 2013-06-11 01:16
mintoさん
最初に出会ったのがこのレシピだったので
梅はこうやって作るしかないのだと 覚悟が決まりました^^
他のことでは 面倒に思うこともたくさんありますよ、
でも梅の砂糖煮は 気が急いて雑に扱って皮がむけてしまったり、
火加減に注意を払わなかったらお湯が湧き過ぎて皮がむけたり・・。
また失敗したくないので、見守っていたのですが、
ころころ浮いている梅を見ていたら気持ちも落ち着きました♪
焦っても慌てても、時間を早送りにはできないことってありますね。
Commented by miyabiflower at 2013-06-11 01:17
じゅんりゅうさん
幸い(?)夫と長男はあまり好きではないようなので
長女とふたりで毎日食べています。
ゼリーやシャーベットにする前になくなりそうです^^
Commented by miyabiflower at 2013-06-11 01:19
yayoiさん
雑に扱うと、それなりの結果しか得られない ということを
過去の失敗から学びました^^
丁寧な作業をしていると不思議と気持ちが落ち着いてきますね。
日々 慌ただしいことが多いので、こんなふうにゆっくりすることも
必要かしらと思いました。
塩漬け、最近知りました。 機会があれば作ってみたいです。
Commented by miyabiflower at 2013-06-11 01:24
smallsantaさん
時間も手間もかかりましたが、ぷっくりした梅が出来上がった時は
とってもうれしかったですよ♪
ひと粒と言わずふた粒でも三粒でもどうぞ・・・^^
Commented by flowerofspring at 2013-06-11 17:31
じっくり丁寧に作られた砂糖煮、とても美しいですね。
ひと粒だけでも絵になります。
こういう手間のかかる手作りの保存食を時々作りたくなります。
でもガサツな私が作ったら…きっと傷だらけになってしまいそう。
たぶん、全部梅ジャムになると思います^^;
Commented by tamakipapa at 2013-06-11 21:55
こんばんは
私はこの時期になると梅酒を飲んで一日を終えます。
寝酒です。
昔は自分で作っていたのですが、何年か前義母が作ってくれた梅酒を飲んで以来、夏を迎えるまで毎日飲んでいたら体が楽に動きました。
以来、自分で漬ける事はせず市販の梅酒を買って飲み続けています。
時間があればレシピ通りに作ってみたいですが、連休が望めない今かなり難しそうです。
私、意外と料理好きなんですよw。
Commented by miyabiflower at 2013-06-11 22:23
mamashimaさん
気が急いていたり、何かやりながら作ったりして
失敗したことがありました。
でも丁寧にやればできることがわかって、以来このやり方になりました。
手間も時間もかかりますが、作っているうちに気持ちが落ち着いてきます。
日ごろ慌ただしく過ごしてしまうので
時にはこんな日も必要かしらと思っています。
フォローをありがとうございました。
こちらからもフォローさせていただきました。
これからもよろしくお願いします♪
Commented by miyabiflower at 2013-06-11 22:32
蒼さん
梅酒もいいですね。
梅の実がかわいくて 身近に置いてあるだけでうれしくなります。
砂糖煮はおいしくて毎日食べても飽きないのですよ。
ゼリーやシャーベットにする前になくなりそうです^^
祖父母の家に梅酒があって、子供だったのでほんの少しだけ
味見させてもらったことがありました。
蒼さんの縁側の写真が祖母の家の縁側にそっくりだったので
梅酒のことも思い出しました♪
Commented by miyabiflower at 2013-06-11 22:35
dachaさん
梅の収穫されたのですね。
枝垂れ梅の梅・・見たことがないような気がします。
毎年梅酒に・・、いいですね。
梅酒も年代物はおいしくなるのでしょうか。
年によって味も少し違うのでしょうね。
今年の梅酒もおいしくなりますように♪
Commented by miyabiflower at 2013-06-12 11:43
春の花さん
日ごろは慌ただしく過ごしているので
時々こんなふうにじっくり何かを作ると
気持ちも落ち着きますし、達成感もあります^^
過去に全部ジャムになったこともありました。
でもそれはそれでおいしかったので 良しということで・・・。
これから杏やプラムが出てくるので、何か作れそうですね♪
Commented by petit-panier at 2013-06-12 11:45
梅仕事、良い響きですね~
そして丁寧な手仕事。
おいしい砂糖煮ができそうですね♪
Commented by miyabiflower at 2013-06-12 11:49
tamakipapaさん
梅酒、おいしそうですね。
梅は毎日食べると夏バテしないと聞いたことがあります。
梅酒もきっといいのでしょうね。
毎晩飲まれるのでしたら自家製梅酒というのもいいですね。
娘さんと一緒に作ったら楽しそうです。
一緒に飲むわけにはいかないでしょうけれど・・・^^
Commented by sabu-mama at 2013-06-12 13:26
こんにちは♪
お酒が全くダメなので、梅酒作ってもなぁ。。。と、
今まで梅には見向きもしなかったのですが、
砂糖煮作ってみたくなりました。

でもとても手間がかかるのですね。
かかるからこそ、上手に煮えた時の喜びもひとしおですね!
私の場合、きっと皮がむけてジャムかな・・・?
今度作ってみます。
Commented by noon1002 at 2013-06-12 16:19
こんにちは&初めまして。
当方のブログへのご訪問、コメントありがとうございます。

とても丁寧に手間暇かけて作るんですね。
ぽってりしていておいしそうです。
これからのお茶うけによさそう…。

こちらからもまた訪問させていただきますね。
ヨロシクお願いします。
Commented by miyabiflower at 2013-06-14 00:33
petit-panierさん
「梅仕事」という言葉は本当に気持ちのよい言葉ですよね。
ぬくもりがあって、きりっとしていて・・・。
砂糖煮は日々減りつつあるので
ゼリーやシャーベットができるかどうか・・・。
ころんとした梅を見ると、雑に作らなくてよかった・・と思います
Commented by miyabiflower at 2013-06-14 00:37
sabu-mamaさん
今まで何回か急きょジャムに変身、ということがありました。
火の調整を忘れてしまったり、
何かやりながら煮ていて皮がむけてしまったり・・・。
冷蔵庫にころんとした梅があるのを見るたびに
満足感でいっぱいになりますよ^^
手間をかければ かけただけのことはあるのですね♪
Commented by miyabiflower at 2013-06-14 00:41
noonさん
ご訪問とコメントありがとうございます。
初めて知ったのがこのレシピでしたので
以来この作り方になりました。
皮がむけてしまって急きょジャムにしたこともありましたよ。
お茶受けにぴったりですよ♪
シロップは薄めて氷を入れて飲むと、とてもおいしいです♪

フォローをありがとうございます。
こちらからもフォローさせていただきました。
またいらしてくださいね。よろしくお願いします。
Commented by tekky521 at 2013-07-21 11:20
青梅で、梅ジュース、ラッキョ酢漬けを3kgずつ作り、残りを冷凍していました。先日こちらを参考にさせていただき、作ってみましたが
冷凍したものは皮がむけやすくて、火傷した肌みたいな痛々しい仕上がりになってしまいました・・・
でも、美味しくできたのでゼリーで固めてみようかと思います~^^
Commented by miyabiflower at 2013-07-25 11:26
テッキーさん
お返事が遅くなってごめんなさい。
冷凍したものは皮がむけやすいということなのですが
やはりそうなのですね。
私も急いだり火が強すぎたりして早々に皮がむけてしまって
種と皮入りのジャムみたいにしてしまったこともありました。
その時はヨーグルトに入れて食べたのですが
ゼリーで固めるというのもいいですね。
涼やかなゼリー、おいしそうですね♪
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2013-06-09 00:27 | おいしい | Trackback | Comments(42)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。


by miyabiflower