NEW POST

梅 微笑む


春一番、吹きましたね。

あちらこちらに小さな花芽をみつけて

心もスキップ。


数日前、青い空の下で微笑んでいた白梅。

b0255144_23501705.jpg

みんなでしべ自慢しているような

b0255144_23502669.jpg

くすくす笑っているような・・・。

b0255144_23502976.jpg

愛らしい花にみつめられて

心もぽかぽか ひなたぼっこ。

b0255144_23502250.jpg

お日さまきらきら

梅 微笑む。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
[PR]
トラックバックURL : http://miyabihana.exblog.jp/tb/26660563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by a-ki_la at 2017-02-18 09:46
青軸って言うのでしょうかね
明るい緑色のガクの梅はスッキリとした白で
お日様がよく似合いますね♪
ホント、「見て見てッ!」って言っていそうな天真爛漫な笑顔が見えます。
Commented by nanako-729 at 2017-02-18 11:03
おはようございます!
昨日は春一番で風が強かったですね!
もうすぐ春、ちょっとうれしくなりました!
梅のお花がきれい~♪
いいお天気ですね!
Commented by club_yume_ututu at 2017-02-18 15:24
こんにちは。

素敵なお写真たち。
“梅 微笑む” ピッタリな言の葉♪
ありがとうございます。
Commented by dacha883 at 2017-02-20 20:33
こんばんは。
こちらの梅は幸せそうですね。
我が地方の梅たちが不憫でなりません。(笑)
Commented by miyabiflower at 2017-02-20 23:05
a-ki_laさん
そうですね、ガクが緑色なのでさわやかな印象になりますね。
実家の庭の梅で、母が好きで選んだものです。
梅のしべは長くてたくさんあるので、なんだかユーモラスにも見えます^^
風雅というより無邪気な笑顔にみえるのですよ。
Commented by miyabiflower at 2017-02-20 23:06
nanakoさん
春一番が吹いて、きょうも風が強い一日でしたね。
梅の白と空の青がきれいで、おひさまもきらきら。
春はそこまで、ですね♪
Commented by miyabiflower at 2017-02-20 23:09
club_yume_ututuさん
ありがとうございます。
梅のしべはながくてたくさんあって、ユーモラスでもありますね。
梅が微笑んでいて
見ているこちらも笑顔になります。
Commented by miyabiflower at 2017-02-20 23:11
dachaさん
風が冷たくてもひだまりはぽかぽかと暖かくて
梅と一緒にひなたぼっこです。
雪の梅はきれいですが、やっぱり梅がかわいそうですね。
ただこちらはカラカラに乾燥していて 加湿器を使っていますよ。
Commented by akdeniz_tk at 2017-02-20 23:35
白いお花に青い空、素敵です。
春までもう少し。待ち遠しいですね。
Commented at 2017-02-21 07:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miyabiflower at 2017-02-23 00:35
akdenizさん
風は冷たいけれど、空や光の色が春めいできました。
早咲きの桜も咲いて、春が近づきましたね。
Commented by miyabiflower at 2017-02-23 00:38
鍵コメントさん
なかなか更新もできず、皆さんのところにも伺えないこともあって
お休みしようかしらと迷ったりしたのですよ。
鍵コメントさんのやさしい写真を見るとほっとなごみます。
そして、やっぱり少しずつでもいいから続けようかしらとそんな気持ちになりました。
ゆっくりですがいろいろお話しさせてくださいね。

そうですね。まつげのようですね。
ふふふふ・・・と笑っているように見えてしまうのですよ、梅の花って。
春めいた日ざしが梅にはよく似合いますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2017-02-18 00:08 | 花と実 | Trackback | Comments(12)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。


by miyabiflower