NEW POST

え?! 朝顔? 蒔いていないのに?


グリーンピースが育つプランター

朝顔の芽をみつけたのは 4月の終わり。

どうして? と不思議な気持ちでした。

今年は朝顔の種を蒔いていないのですから。


朝顔の種を採って翌年蒔いて

その花の種を採ってまた翌年蒔いて・・・と

b0255144_12100562.jpg


そんなことを15年以上続けてきて、

ついに去年は種が採れなくなったので

今年は蒔くことができなかったのです。

b0255144_23564103.jpg

それなのにどうして????

と思いながらも

b0255144_21502503.jpg

グリーンピースと一緒ではかわいそうなので

 別のプランターに植え替えたのが四月の終わり。


それから二週間経っても 背が伸びません。

b0255144_21503926.jpg

蒔かないのになぜ芽が出たのか、

考えられるのはふたつ。


1.去年蒔いた四粒のうち芽を出さなかったふた粒が

土の中に眠り続けて 今年芽を出した。

b0255144_23563701.jpg

2.去年は種ができなかった、と思っていたけれど

実はできていて、その種がこぼれて発芽した。




いずれにしても 一年も土の中で眠っていたことになります。

b0255144_21504398.jpg

五月下旬になっても

まるで時間が止まってしまったかのよう。


それでも小さなつぼみができて

b0255144_21504796.jpg

六月の初めには

背が伸びないまま、

いくつもつぼみをつけました。

b0255144_21505100.jpg

寝坊しすぎた朝顔は

つぼみもたっぷり眠るのでしょうか。


挿し木で育ったティネケは

ほんわりとやわらかな花をまた咲かせました。

b0255144_21505757.jpg

いつもの花に会えるとほっとします。

b0255144_21510675.jpg

挿し木で育って10年以上のスプレーバラが

なぜか今年はスプレーになりません。


ドロレスも挿し木してから10年以上。

b0255144_21510174.jpg

今年も会えてよかった。


アネモネの花もどうなるか気になるし、

朝顔からも目が離せません。

子供達と一緒に朝顔を育てた日々が

青い花の向こうに透けて見えるようになるのでしょうか。

ベランダの小さな愉しみが、次々と芽を出します。


 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
[PR]
トラックバックURL : http://miyabihana.exblog.jp/tb/26924000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by linden2151026 at 2017-06-14 01:18
miyabiflowerさん、お久しぶりです。この朝顔の色とっても綺麗ですね。
Commented by h6928 at 2017-06-14 09:53
アサガオって、子供の頃は「観察日記」の対象で入門して、
毎年咲かせるのが楽しみでした。
大人になったらそんなゆとりもなく・・・・。
なんか、アサガオのタネって何もしないで蒔いても発芽しにくいと聞いて、
表面の皮に傷をつけてから蒔いていたような記憶があります。
こぼれ種が土の中でしばらく眠っていたのが発芽したのかもしれませんね。
ツルが伸びずにコンパクトな姿で花が咲くなんて、
ある意味とてもラッキーですね。
花が咲いたらまた見せていただけるのが楽しみです。
Commented by saitamanikki2008 at 2017-06-14 15:04
こんにちは。
植物の種子って、凄いですよね。
我が家でも、植えたつもりもない花が育ち咲くことがあります。
鳥が運んでくるのか、風で飛ばされてくるのか ?
バラが若々しいですネ。
大切に。。。
Commented by tokidokitasu at 2017-06-14 21:33
まいた覚えのない朝顔が芽を出し、
食べ忘れたグリンピースが実をつけ、
まさしく、グリーンフィンガーですね!!
Commented by rinkatuu at 2017-06-14 22:24
去年までの朝顔の話
思い出しました!
心の中で、ずーっと咲き続ければいいですね(^^♪
Commented by やっこ at 2017-06-14 23:47 x
うちもおそがけに朝顔の種を蒔きましたが
成長がゆっくりです。
1ヶ月くらい経ってやっと本葉が3枚くらい出てきて
ツルはまだまだです。
いつツルが伸びてつぼみができるのかなぁ~?
タネは都市緑化横浜フェアでもらったタネなので
古いものではないと思うのですが・・・
何色の花が咲くのかもわかりません。
Commented by oomimi_usako at 2017-06-16 18:16
こんにちは。
毎年、朝顔市から朝顔の鉢を送ってくださる方があり、
その種を採るのですが、
毎年、蒔く時期を逸します。
でも!
今年は、間に合った!!
・・・つもりでしたが、もう蕾が付く頃なのですね。
家の子は、本葉一枚です。
あ~今年も逸したのかも。
Commented by miyabiflower at 2017-06-17 00:40
lindenさん
お元気なご様子にほっとしました。
この青、少し紫がかっていてとても好きな色です。
思いがけず今年も顔を出しました。
同じ色で咲くかどうか お楽しみに。
Commented by miyabiflower at 2017-06-17 00:50
h6928さん
朝顔の種は 表面に傷をつけるとか 水に浸けてから蒔くなどと
聞いたことがありますが
毎年、前年採れたものをそのまま蒔いていました。
去年できなかったと思った種がこぼれていたのでしょうか・・・。
ツルを伸ばす元気がないのだと思います。
毎年何粒か蒔いて、そのうちのひとつはこういう背丈の短いものでした。
どれくらい咲き続けるのか楽しみです。
Commented by miyabiflower at 2017-06-17 00:53
saitamanikkiさん
この朝顔は 去年種ができていて、それがこぼれたのかも知れません。
ベランダには風て飛ばされたらしく、時々思いがけないものが芽を出しますよ。
薔薇は挿し木でついたので、小さな花でも咲くとうれしいです。
Commented by miyabiflower at 2017-06-17 00:56
tokidokitasuさん
こぼれ種だったのでしょうか・・・
去年は種ができなかったと思っていたのですが。
アンズと柑橘類も芽が出ましたよ。
フルーツの種、蒔きたくなってしまいます^^
Commented by miyabiflower at 2017-06-17 00:59
rinkatuuさん
思い出してくださったのですね。
毎年五月の連休の頃蒔いていたのですが
今年はそれがなくてなんだかさみしかったのです。
今年まさかまた花に会えるとは。
つぼみがふくらむとうれしいですね。
Commented by miyabiflower at 2017-06-17 01:00
やっこさん
そちらの朝顔もゆっくりなのですね。
毎年こんなふうに背丈の短いものがありました。
でもこんなにつぼみをつけたのは初めてです。
何色の花が咲くのか、楽しみですね。
そしてそれがまた来年咲いたらうれしいですね。
Commented by miyabiflower at 2017-06-17 01:03
usakoさん
いえいえ、この朝顔、4月にはもう芽を出してしまっていて
6月だというのにつぼみをつけました。
早すぎるのだと思います。
いつもは5月の連休、ツバメが飛ぶ頃に蒔いて
7月の終わりにつぼみをつけていましたよ。
きっとusakoさんの朝顔はこれかぐんぐん育ちますよ。
どんな色なのでしょう。
朝顔の花、大人になってから好きになりました。
Commented by umitosora14 at 2017-06-18 12:21
こんにちは^^
ごめんなさい、今頃、こちらへのコメントです^^;
この朝顔、「富士の空」って名前の曜白朝顔ですよね?
わたしのお気に入りの朝顔です
数年前に初めて出会って、魅了されて、2,3年続けて育てました
今年は、種も蒔きそびれて、苗も買いそびれて^^;
それに、夏に家を空けるときに枯らしてしまったりで、
夏の花に手を出すのを躊躇ってしまってて><
この朝顔さん、咲いてくれると良いですね♪
Commented by miyabiflower at 2017-06-22 01:18
umiさん
こちらもお返事が遅くなってごめんなさい。
この朝顔、「富士の空」というのですか?!
名前はずっとわからないままだったのです。
曜白朝顔の中ではこの色が好きです。
umiさんのお気に入りなのですね。
もうずっと何年も種を採って蒔いてきたのが
去年種が採れなかった・・・と思っていました。
朝顔の名前、わかってうれしいです。
ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2017-06-14 00:57 | 花と実 | Trackback | Comments(16)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。


by miyabiflower