NEW POST

讃岐かがり手まり 92面体に輪つなぎ


前回の記事から ひと月ほどが過ぎてしまいました。

夏の終わりから一気に晩秋へと季節が移ってしまったようです。

少しずつ少しずつ秋が深まる、

そんな日々をこれから過ごせたらいいのですが・・・。



讃岐かがり手まり』、‟92面体に輪つなぎ”です。

b0255144_12064622.jpg

教室で初めて見たときに

いつかこれをかがりたい・・と

強く惹かれた手まりです。


お手本の手まりを見ると

b0255144_12071763.jpg

愛らしい色合いでかがろうかしらと

心が揺らぐのですが・・・。


お手本をそばに置いて

b0255144_12102987.jpg

白っぽい色だけでかがることにしました。

讃岐かがり手まり』は香川県の伝統的工芸品です。

糸は讃岐三白(塩・砂糖・綿)の綿を紡いで草木染めしたもので
土台のまりはもみ殻を芯にして糸を巻きつけて作ります。


できあがったのはこちら。

b0255144_12113632.jpg

薄紫と白にしました。

周囲は30センチです。

五角形が12面、六角形が80面、

b0255144_13072684.jpg

ひとつずつ輪を交差させてあります。


周囲20センチの‟紡錘型交差かがり”と並べてみました。

b0255144_12134304.jpg

いつのまにかこんなに大きな手まりを

かがれるようになっていました。


前回の記事の‟連続掛けの小花 ”は周囲27センチ。

b0255144_12150548.jpg

ひとまわり小さいものです。


以前 教室に飾られていた秋色の手まり。

b0255144_12153064.jpg

教室に足を踏み入れるたびに

季節に寄り沿う暮らしを大切にしたいという思いが

より深くなります。

b0255144_12154946.jpg

手まりひとつひとつ、

草木染めの木綿糸の一本一本が愛おしく思えます。

「何かを大切にする」

手まりをかがることで

そんな思いが少しずつ培われていくような気がしています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

当ブログの掲載記事及び写真の著作権は管理人にあります。
文章・画像の無断転載(ピンタレストのピンを含む)は固くお断りいたします。
All rights reserved.
Unauthorized copying prohibited(including pinning on pinterest).

[PR]
トラックバックURL : http://miyabihana.exblog.jp/tb/27473433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by junchan1117 at 2017-10-23 16:38
素敵ですねぇー、うっとりします。
根気のいる作業ですね!
Commented by nyao0515 at 2017-10-23 18:28
こんばんは。
nyaoと申します。今日はイイネをありがとうございました。
讃岐かがり手まり、素敵ですね。てっきり香川県の方と思って
しまいました。またお邪魔しますね。
拙いブログですが、お暇なときにおいでください。
よろしくお願いします。
Commented by tsukiiro2613 at 2017-10-23 21:49
miyabiflowerさん こんばんは。

とても緻密な讃岐かがり手まりですね
多くの手間が掛かっているのだと思いますがきっと針一本一本心を込めて作られているのでしょうね、miyabiflowerさんの思いを形にしたような素晴らしい讃岐かがり手鞠ですね
miyabiflowerさんの周りにはゆっくりと穏やかに時が流れているのではと勝手に思ってしまいます
忙しく過ごしていましたが一息つけました有難うございます(^ω^)
Commented by miyabiflower at 2017-10-23 23:30
junchanさん
ありがとうございます。
そうですね、根気のいる手仕事ですが
少しずつ仕上がっていくのがうれしくて
楽しめました。
Commented by miyabiflower at 2017-10-23 23:39
nyaoさん
ご訪問とコメントありがとうございます。
草木染めの木綿糸でかがるので
色が淡くやわらかくほっとします。
”連続掛けの小花”も見てくださったのでしたよね。ありがとうございます。
またそちらにもお伺いしますね。
こちらこそよろしくお願いします^^
Commented by miyabiflower at 2017-10-23 23:42
つきいろさん
ありがとうございます。
六角形や五角形がいびつになったりしてほどいてかがり直したりもしました。
苦労した手まりなのですが
その分愛おしさも増しますね。
ゆっくり時が流れる・・・
手まりをかがっているときにはそう感じます。
日々いろいろあって いつもいつもゆっくりとはできないので
手まりと向き合う時間は大切にしたいと思っています。
ゆったりとした気持ちでかがることができたので
それがつきいろさんにも伝わったのかも知れませんね^^
Commented by ballade0001 at 2017-10-24 07:16
おはようございます。
淡い薄紫と白の手まり、とても素敵です。
季節に合わせて色合いが異なるのも良いですね。
miyabifiowerさんのゆっくり時が流れる・・・感じ
幸せを感じられる時間(^^♪
Commented by nonshi24 at 2017-10-24 18:20
こんばんは。
ひと針ひと針
ゆっくりじっくり丁寧に・・・
とても根気のいることと思いますが
作っている時間がまた愛おしい、
そんな雰囲気が感じられます☆
色合いがとても優しく
美しい手毬ですね。



Commented by nippa0927 at 2017-10-24 21:12
以前に僕の奥さんが挑戦していましたが、簡単な柄ですが難しいみたいでしたね
すごいですね・・和の雰囲気が色合いにも出てますね〜(⌒-⌒)ニコニコ...
Commented by primarosa at 2017-10-25 11:40
こんにちは^^
素敵~♡
なんて複雑で、正確で、うつくしいかがりなんでしょう。
優しい色合いが私の思うmiyabiflowerさんのイメージそのままです。
長く続けていると、自分でも思わぬうちに成長していること、ありますね。
日々の積み重ねを大切にしていきたいです。
Commented by piyopapa07112 at 2017-10-25 12:53
こんにちは♪
初めてお邪魔します
細かな手仕事。。。根気の要るお仕事ですね。。。
凄いなぁ~って感心しながら 拝見していました。。。
球形を保つのも、難しいんだろうなぁ~ 
感心しきりです^^

拙いblogですが、お時間ある時に遊びに来てくださいませ
私もまたお邪魔させていただきます
ありがとうございました
Commented by やっこ at 2017-10-25 13:35 x
上品な手まりが出来上がりましたね。
先日、金沢を旅したときに、加賀てまりの工房をたずねました。
ひと針ひと針気の遠くなるような作業を繰り返して
製作している様子をみて、miyabiさんのことを思い出していました。
母から子へ受け継がれるてまり、とってもすばらしいなぁと思いました。
てまり作りは各地にあるようですね。
よくわかりませんが、それぞれに特徴があるのでしょうね。
Commented by kogomi-s at 2017-10-26 00:01
伝統もこうして紡がれるのでしょうか
素敵ですね
美しさと優しさと気品ある手まりにうっとりした秋の夜長です
Commented by miyabiflower at 2017-10-26 00:29
naoさん
ご訪問とコメントありがとうございます。
草木染めの木綿糸なので色がやさしく
かがっていてほっとします。
先を急いで慌ただしくかがっては手まりがかわいそう・・・と思うのですよ。
かがっていると時間が経つのを忘れてしまいます^^
Commented by miyabiflower at 2017-10-26 00:32
かほさん
細かな作業で少しずつしか進まないのですが
それでもひと針ひと針が積み重なって
確実に前へ進むことができる・・・。
それもうれしいことです。
そうなんですよ、かがっている時間も愛おしくて
手まりに出会えてよかった、とよく思います。
草木染めの色合い、本当にほっとします^^

Commented by miyabiflower at 2017-10-26 00:34
nippaさん
奥様も手まりをかがっていらっしゃるのですか!!
そうですね、シンプルな模様ですが
五角形と六角形がいびつになったり
大きさが揃わなかったり・・・で
難しい模様でした。
できあがると本当にうれしくなります^^
Commented by 20081111 at 2017-10-26 14:08
こんにちは
とても綺麗ですね!
こういう淡い色合いも大好きです
ピンタレスト、最近よく見かけますね
いろんな人の写真がずらっと。。。
何かのアプリなのでしょうか(もうついていけません^o^;)
良くわかりませんが勝手に使用されるのは
面白くないですものね!
yukarico
Commented by miyabiflower at 2017-10-26 23:42
primarosaさん
ありがとうございます。
くぐらせてかがるのが難しくて
うっかりするとくぐらせ忘れていたり・・・。
ほどいてやり直したこともありました。
手がかかった分だけよけいに愛おしくなりますね。
いつのまにか習い始めて6年になりました。
手まりをかがることで、心の内に何かが育つような気がしています。
小さな積み重ね、大切ですね。
Commented by miyabiflower at 2017-10-26 23:51
piyopapaさん
ご訪問とコメントありがとうございます。
はい、根気がいる手仕事です^^
でも少しずつ進むのがうれしくて、時間を忘れてかがってしまいます。
きれいな球形にするのもむずかしくて
なかなか満足のいくものにならないのですが
それも積み重ねっで少しずつ上手になると信じています^^
piyopapaさんの切り取る光景、楽しみにお伺いしています。
これからもよろしくお願いします^^
Commented by miyabiflower at 2017-10-26 23:56
やっこさん
加賀手まりの工房にいらしたのですね。
手まりをひと針ひと針かがる・・・
少しずつですが確実に前に進みます。
その確実さが安心感につながるのですよ。
そうですね、秋田や愛媛、熊本、長野など、それぞれ少しずつ雰囲気が違いますね。
讃岐かがり手まりは草木染めの木綿糸を使っているので
素朴なぬくもりがあります。
Commented by miyabiflower at 2017-10-26 23:58
kogomiさん
ご訪問とコメントありがとうございます。
香川からいらした先生方が丁寧に教えてくださるので
気がついたらこんなに難しいものもかがれるようになっていました。
日本の伝統は引き継がれていくといいなと思っています。
Commented by miyabiflower at 2017-10-27 00:08
yukaricoさん
お手本に一目ぼれしていたので
単色の手まりにしました。
並んだ糸を見ると淡い色を何色も使いたくなるのですが・・・。
ピンタレストには一時期こちらの記事の写真がとてもたくさんありましたので
所定の手続きをとったらピンタレストがすぐに削除してくれました。
あちこちのブログからの写真がたくさんありますよね。
たくさんの人が気に入ってくれた、とも言えますが
拙くても大切な写真なので 勝手に知らない所に拡散されてしまうのはいやですよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2017-10-23 13:39 | 讃岐かがり手まり | Trackback | Comments(22)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。


by miyabiflower