NEW POST

秋の彩り~椿「西王母」とホトトギス~

ほんのり色づいた桜やイチョウの葉が
やわらかな秋の光を浴びて舞い落ち、
アップリケのようにいつもの道を彩るようになりました。

実家の庭では「西王母(せいおうぼ)」という椿が
次から次へと花を咲かせています。


b0255144_18220671.jpg

西王母というのは中国の伝説に出てくる長命の仙女の名前です。
三千年に一度実を結ぶ桃を栽培して、漢の武帝に献上したそうです。
椿のつぼみがその桃の実を思わせるので この名前がついたとか。


b0255144_18221338.jpg

残念ながら桃の実のようなつぼみがなかったのですが
それでもこの花のふんわりした色に魅かれます。
そっとやさしく心を撫でてくれるようです。


ホトトギスも咲き続けています。


b0255144_18222089.jpg

椿と同じように、お茶席でよく使われる花です。


b0255144_18223118.jpg

つぼみの中にはどんな未来があるのでしょう。


マユミの実はやっとピンク色を帯びてきました。


b0255144_18223762.jpg

高い所から下がっているので、こんなふうにしか撮れませんでしたが・・・。
熟して色濃くなった実がはじけると 中から赤い種が顔を出します。


庭の隅にみつけた 「西王母」とは別の椿の実。


b0255144_18224338.jpg

うっすらついた傷が目と鼻に見えてきて
「あのね・・」と言われているような気がしました。
「なあに?」と耳を傾けたらどんな話をしてくれるのでしょう。


秋が深まると早くも冬支度へと心が向かいます。
冬に備えて収穫を蓄えるように、
心の中にはどんなものを大切にしまえばいいのでしょう。
秋はいつも自分と向かい合うことを思い出させてくれます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
トラックバックURL : https://miyabihana.exblog.jp/tb/21389303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amamori120 at 2013-11-02 00:20
ウチのはいい加減なツバキでまだサッパリィ です
Commented by mikarose at 2013-11-02 01:34
なんて優しい桃色でしょう。何とも言えない、かわいい椿ですね。
西王母って名前なんですね。
今年初めて西王母という桃を食べました。
赤ちゃんの頭くらい大きくて、硬いのに糖度が高いんです。
来年も食べたいので名前を頭に刻んでおこうと思ったので、覚えていました。
タイトルを見て、椿って書いてあるのに、まだ桃があるんだと思い込みで、桃の姿を探していました。(食いしん坊ですみません)
早咲きの椿ってもう咲くんですね。 椿って冬のイメージでした。
素敵な椿を見せていただきました。名前も忘れません。
ありがとうございました。
Commented by odamaki719 at 2013-11-02 08:12
おはようございます!
 大変ご無沙汰をしてしまいました。
時々見せてもらってはいたのですよ。
西王母という名の椿は初めて見ました。
優しい色彩で美しいですね。
椿は大好きなのです。
Commented by calmcalmcalm at 2013-11-02 10:36 x
miyabiflowerさま
大変ご無沙汰していましたね
西王母 中国の女仙の名前ですよね
このお花のようにやさしく美しい方だったのでしょうか
今の時期に 椿が咲くのですね
とても儚げで素敵です
わたしはお花は蕾のころが大好きで
これからどのようになるのかってとても楽しみなのです
美しいですね
Commented by smallsanta at 2013-11-02 19:47
こんばんは(*^^*)
ピンクの椿、ぽってりとした花びらがかわいらしいです。
うちのつりまゆみは真っ赤になり葉っぱはすっかり虫食いでなくなっています。
冬に向かって心を温めるものをすっかりしまっておきましょうね。
Commented by miyabiflower at 2013-11-02 21:13
雨漏り書斎主人さん
きっとじっくりゆっくりと咲く時期を探しているのですね。
これからいろいろな種類の椿が咲きますね。
楽しみです。
Commented by miyabiflower at 2013-11-02 21:17
mikaroseさん
西王母という桃があるのですか!
きっと中国の伝説にちなんで名前をつけたのでしょうね。
もしかしたら3000年に一度生る桃かも知れませんね^^
椿は今頃から咲き始めるようですよ。
この椿を見ると和菓子を思い出します。
練りきりのきれいなピンクや羽二重餅に見えてしまいます。
・・・私も西王母という桃にいつか出会いたいと思います♪
Commented by miyabiflower at 2013-11-02 21:22
odamakiさん
色がやさしくて私もこの椿は好きです。
母が好きで庭に植えたものなのですが、今年はたくさん花をつけています。
夕焼けが美しい季節になりますね。
odamakiさんの夕焼け写真楽しみにしています。
Commented by miyabiflower at 2013-11-02 23:02
calmcalmcalmさん
西王母、ご存じでしたか・・・。きっと美しい人だったのでしょうね。
この淡い桃色が花の佇まいがよく似合っていますね。
椿は子供の頃はなんとも思わなかったのですが
大人になってから、風情のある花だと思うようになりました。
一輪でも、たくさん咲いていても、それぞれ魅力がありますね。

陶器の下に敷いてあるのは布ではなくて和紙だったのですね。
色合いがきれいだと思いました^^
Commented by miyabiflower at 2013-11-03 01:23
ちびサンタさん
まゆみがもう赤くなったのですか、かわいいですよね。
ピンクの実は他あにあまりないので
初めて見たときにはとても驚きました。
これから色が濃くなるのが楽しみです。
そうですね、心の中に大切に抱きしめたいものがありますね。
あたたかくなるもの、探しましょうね。
Commented by chibiteri at 2013-11-03 07:21
季節は丁寧に楽しみたいですね。
花の色、光の色。
季節ごとに違った表情が楽しいです。
Commented by niji-no-iro at 2013-11-03 10:16
お花や植物をじっと見て、それらの声に耳を傾けたり・・・。
素敵な時間ですね。^^
最近バタバタと過ごしていて、そういう心の余裕を忘れがちでした(><)
ホトトギスも優しい雰囲気で撮られてますね♪
Commented by otomeurarafuku at 2013-11-03 11:44
西王母…優しい色合いの椿ですね~
蕾が桃の様… 見てみたいです
わが家の椿ももしや…と思って庭に出ましたら
山茶花が咲き始めていました
まゆみ… 私も好きで植えています ピンク色のまゆみです
今年はいつもより実が成っているようです
緋玉まゆみという新入りさんが 濃い赤の実をつけていました

優しい目で庭を眺めてあるmiyabiさん 
私も そうありたいと思って 狭い庭を見ています
Commented by yayoi at 2013-11-04 00:37 x
こんばんは~!
ご無沙汰しています。

ときどきお邪魔させて頂いてますが、お写真の素晴らしさに
いつも感動しています。

もうイチョウが色づいているのですね~?

西王母・・・なんて可愛い椿なんでしょう・・・初めて耳に
する椿でした。。。
次から次に咲いてお庭もさぞかし華やかでしょうね~!

こちらでは「はつあらし」という椿が一番先に咲く様です。

マユミも可愛くて大好きです。
Commented by enjoy-wales at 2013-11-04 20:26
miyabiflowerさんのブログへ遊びに来ると、いつも新しく学ぶことがあってありがたく思っています。赤や白の椿は知っていましたが、西王母(せいおうぼ)という淡い桃色の椿は見たことがありませんでした。仙女の名前だなんて、中国の壮大なお話を思わせる素敵な名前ですね。
植物の名前を覚えるのが苦手なのですが、こうして名前の由来を教えていただけると少しは頭に残りそうです。^^
どうぞお元気に晩秋をお過ごしください。
Commented by miyabiflower at 2013-11-05 22:27
ちびてりさん
そうですね、季節それぞれの光や風を丁寧に楽しみたいですね。
花や葉も刻々と色を変えて
冬へとつながるのですね。
冬になる前に、秋をしっかり心にやきつけておきましょうね^^
Commented by miyabiflower at 2013-11-05 22:32
蒼さん
私も慌ただしく時を過ごしてしまうことがあるので、
そういう時こそ、ゆっくりゆっくりと自分に言い聞かせて
散歩にでかけたりしています。
花や実を見ていると、時間を忘れてしまって
早足だったのが 少しずつゆっくり歩けるような気がします。
ほととぎす、好きなのですよ。
写真のきれいな蒼さんにそう言っていただけると とてもうれしいです^^
Commented by miyabiflower at 2013-11-05 22:35
otomeurarafukuさん
西王母、今年はたくさん咲いて 最初はうれしかったのに
だんだん見慣れてしまってありがたみが減ってきました。
勝手なものですね。
サザンカ、咲き始めたのですね。
「垣根の垣根の曲がり角♪」って必ず思い出します。
かわいい花ですよね♪
緋玉まゆみですか・・きれいな色なのでしょうね。
どこかで会えたらうれしいです。
Commented by miyabiflower at 2013-11-05 22:42
yayoiさん
ありがとうございます。
コンパクトデジカメで撮っているのですが、
背の高い木に生っている実が撮れなくて、
残念な気持ちになったりしています。
いちょうはまだまだ全部黄色くはなっていませんが、
もう緑色とは言えなくなってきましたよ。
西王母は毎年四、五輪しか咲かないのに、
今年はたくさん咲きました。地熱が熱くなっているからだそうです。
「はつあらし」・・椿の名前は風雅ですね。
ご自分で作られた器に椿一輪・・・素敵な風景になりますね。


Commented by miyabiflower at 2013-11-05 22:48
kikiyohyohさん
西王母が中国の神話の仙女の名前だというのは 最近知ったのですが
どんな物語なのか、ちょっと興味が湧きました。
花の名前は由来を知ると覚えやすいでしょうね。
花の英名もかわいいものがありますよね。和
名と比べてみるのも楽しそうです^^
晩秋、静かに楽しみましょうね♪
Commented by primarosa at 2013-11-07 09:34
おはようございます^^
柔らかな優しい色の椿ですね。よく見る椿とは違って
ふんわりした雰囲気です。
マユミの実というのは初めて知りました。ピンク色が
濃くなって、やがて赤い種が・・・植物はそれぞれの
表情を持っていて興味深いですね~。
今日新たなことを知ることができてうれしいです^^
ありがとうございます♪
Commented by miyabiflower at 2013-11-08 01:07
primarosaさん
この椿は淡い色なので、とてもやわらかい雰囲気を漂わせています。
マユミの実のピンクは本当にかわいい色ですよ。
中の種も赤くて、うれしくなります^^
どこかで見ることができるといいですね。
見たらきっと笑顔になると思います♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2013-11-02 00:04 | 花と実 | Trackback | Comments(22)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。


by miyabiflower