NEW POST

boa mesa2014 春から初夏のメニュー

若林三弥子先生の“ボアメーザ
今回は「春から初夏のエスニックメニュー」。

シックなコーディネートです。
b0255144_1457574.jpg
食器は蓮の花をイメージしたものだそうです。
落ち着いたブルーがさりげなく初夏を思わせます。
b0255144_14581694.jpg
添えられた箸置き、つなげてネックレスにならないかしらなどと
こっそり思っていました。

デモンストレーションでは丁寧に下ごしらえされた野菜に感心します。
b0255144_14583128.jpg
シャスールのお鍋での”蒸しいため”です。
野菜のうまみを損なわずおいしくいただけます。

グラスに入っているのは"あさりとアスパラガスのスイートバジルのスープ"。
あさりの風味が効いていておいしい・・・。
笑顔になります。
b0255144_14584587.jpg
下ごしらえの写真の人参とセロリは"エスニックサラダ"になりました。
そして"タイ風えりんぎの佃煮"。

"タイ風ポキ"と"タイ風やきそば~パッタイ"
b0255144_145949.jpg


"豚ロースココナツミルク風味"
b0255144_14591622.jpg
"グリーンカレー"にはたけのことしいたけがよく合いました。
たけのこの食感が楽しめます。

デザートは"金色のジンジャーゼリー 水面(みなも)の小花"
b0255144_151733.jpg

三弥子先生の笑顔と細やかな心遣いに包まれて過ごす時間が
日々の暮らしを少し見直す余裕を与えてくれました。


帰り道、いつもながら我が家の食卓を思います。
四月に長男が結婚式を挙げましたので
夫と長女と三人の食卓です。

どんなに夜遅く帰っても家で食事する長男のために
深夜にキッチンに立つことが多かったのですが
今はそれもなくなりました。

日々の暮らしの中でふっとしたことから 
子供達が幼かった頃のことがよみがえります。

あんなことがあった、こんなこともあった、と
ふたりの声や表情、仕草が次から次へとあふれてきます。
b0255144_15565044.jpg

たくさんの遠い光景に囲まれているうちにさみしくなってしまったり・・・。
それでもいつしか降り積もる思い出が
そんな心をそっと包みこんでくれるのです。



暮らしの手帳70号』に三弥子先生の「蒸しいため」が掲載されています。
「かんたんでおいしい野菜の蒸しいため」P.30~39
本屋さんでご覧ください。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
トラックバックURL : https://miyabihana.exblog.jp/tb/22722822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by misarin-1126 at 2014-06-02 16:52
miyaさん こんにちは(*^_^*)

まさに、五感で楽しむお料理ですね(●^o^●)
素晴らしいの一言しかでません。
三弥子先生の情報とても勉強になります・・・ありがとうございました♡
Commented by calmcalmcalm at 2014-06-02 21:23 x
miyabiflowerさま
素晴らしい時間を持たれたようですね
素適なコーディネートでお料理をいただくのですね
食器が素敵ですね
あのようなすてきな器作りたいものです
一番頂いてみたいのが
ジンジャーのゼリー おしゃれな仕上がりですね
Commented by amamori120 at 2014-06-02 23:51
ご子息  ご結婚おめでとうござんす

プチ淋しくなりますネ
Commented by miyabiflower at 2014-06-03 13:30
misarinさん
三か月に一度なのですが、こちらで出会う方達からも
とてもいい刺激をいただいています。
三弥子さんはいつも笑顔で迎えてくださるのですよ。
蒸しいためはお野菜の風味が残っているのでおいしいです。
Commented by miyabiflower at 2014-06-03 13:34
calmcalmcalmさん
コーディネートはシックで気持ちが落ち着きます。
豪華すぎると座っていて落ち着かないような気がしますよね。
この食器、素敵でしたよ。焼き締めの濃い色がお料理を引き立てます。
ジンジャーのゼリーはジンジャーエールでできるので
作ってみようと思っています♪
Commented by miyabiflower at 2014-06-03 13:35
amamoriさん
ありがとうございます。
そうですね、やがて家を出るものと思っていましたので
さほどでもないのですが
小さかった頃のことをよく思い出すようになりました^^
Commented by eribonzou at 2014-06-03 14:18
息子さん、ご結婚おめでとうございます^^

早速遊びに来てみたら・・・うるうる;;
成長して巣立っていくお子さんのお話にとっても弱いのです;;;
今は育児に必死な私ですが、今を大切にしなければと思いました。

Commented by mika-96 at 2014-06-03 20:21
んん~❤お料理も器も素晴らしい❤
本当にハスの葉みたいで。

美味しいお料理と素敵な景色で今年の夏も乗り切れそうですね^m^
Commented by larosebleue at 2014-06-03 20:25
miyabiflowerさん、こんばんは✿
シャスール、我が家でも使っています。お茄子色(笑)です。
鋳物のお鍋は美味しく炊きあがるので重宝しています。
タイ風のお料理でしょうか、とっても美味しそうでした~
私も、ジンジャーゼリーが気になり、食べてみたいです!
Commented by miyabiflower at 2014-06-03 20:58
eribonzouさん
ありがとうございます。
子供達が幼かった日々にはもう戻れませんが
大切な大切な宝物のような毎日です。
今、小さな子供を連れているおかあさんおとうさんをを見かけると
家族が一緒にいられる時間を大事にね、大切にね、と思うのですよ。
その時に思っていた以上に大きな幸せを手にしていたのだと思います^^
Commented by miyabiflower at 2014-06-03 21:00
mikaさん
渋い食器なのですが、青が少し入っていることで
初夏にもふさわしい感じになりますね。
全部一度に家で作ることは無理ですが、
少しずつ作って行きたいと思っています。
まずはゼリーでしょうか・・・^^
Commented by miyabiflower at 2014-06-03 21:02
la rose bleueさん
シャスール、我が家のはピンクです。
オレンジ色の他社のものもあります。
重いのですが、じっくり火が通るのでおいしくできますよね。
ジンジャーゼリーはジンジャーエールを使ってあります。
生姜の花はきっと省略しちゃうと思うのですが、作ってみますね^^
Commented by nonshi24 at 2014-06-04 08:10
おはようございます。
素敵な器に野菜中心の体に優しいお料理の数々・・
箱のこちら側からうっとりしながら拝見しました^^
みなさんがおっしゃっているように
私もジンジャーゼリーが気になります。。
いつかトライしてみたいなぁ。。
  かほ
Commented by oomimi_usako at 2014-06-04 15:07
ご長男さま、ご結婚なさったとのこと、おめでとうございます。
そんなに大きな。。。それも坊ちゃまのお母さまでいらしたなんて、
びっくりしました。
繊細で可愛らしいものを、お目に留められているブログから、
私が勝手に想像していましたmiyabiflowerさんのご様子…
今日からは、そこにさらに、スッとした清々しい感じ(男の子のお母さまってそんなイメージがあるのです)が加わりました♪
Commented by hanamomo06 at 2014-06-04 17:19
暑かった一日が終わろうとしています。
涼しい風が吹いてきて少し楽になりました。
本当に暑い一日でした。
そちらは梅雨入りが近いでしょうか?

空の写真がとってもきれいですね。

初夏のお料理も美味しそうです。
蓮のお皿、素敵ですね。
若林先生の教室なのですね、かわいい先生ですよね。
ジンジャーゼリーきれいな色。新ショウガの季節ですね。
私は甘酢漬けやつくだ煮しか作りませんがこれを食べると夏が近いなあ~と感じます。
>日々の暮らしの中でふっとしたことから 
子供達が幼かった頃のことがよみがえります。
あんなことがあった、こんなこともあった、と
ふたりの声や表情、仕草が次から次へとあふれてきます。

このごろの私もそうです。
戻れるものなら、あの頃に戻りたいといつも思います。
自分が年をとったということですね。
miyabiさんもお体大切に。
Commented by la_mia_coccolina at 2014-06-04 21:39
miyabiflower さん、こんばんは^^
シックで素敵なテーブルコーディネートに洗練されていてとても美味しそうなお料理!うっとりとしてしまいました。
お料理は味だけではなく五感で楽しむものだな。。。とお写真を拝見しながら改めて思いました。
「金色のジンジャーゼリー 水面(みなも)の小花」というネーミングにも心くすぐられますね。
そして、ご長男さまのご結婚おめでとうございます。
心からお祝い申し上げます。
miyabiflowerさんと過ごされてきた息子さんはきっと同じように素敵なご家庭を築かれていかれるのでしょうね。
Commented by panierr at 2014-06-05 11:35
私も料理教室行ってみたいのです~
マダムの♥料理に会話にコーディネートに
海外のお話や。。。。それは夢にお時間♥
彩も素敵ですね~
ジンジャーゼリー!どんな味なんだろ^ー^
至福のお時間ですね!!
Commented by miyabiflower at 2014-06-05 13:24
かほさん
家庭でひとりで一度にこんなには作れませんが
お野菜が多いものは魅力的ですよね。
慌ただしい日々続いて、いろいろおろそかになりがちな時には
ちょっと立ち止まってあれこれ見直すいいきっかけになります。
ジンジャーゼリーは是非作りますね♪
上手にできたら記事にしますね^^
Commented by miyabiflower at 2014-06-05 13:33
usakoさん
はい、そういう年の子供がいる、という年齢です^^
usakoさんが想像してくださっているイメージに近づくために
努力しなければ・・・と思いました♪
美しいものに目を留める気持ちはいくつになってもなくしたくないですよね。
ともすると日常の些事に追われてしまいがちですが・・・。
この先しばらくは梅雨の楽しみをみつけましょうね。
Commented by miyabiflower at 2014-06-05 13:42
momoさん
そちらにお伺いして、いつもほっとしています。
このところ夕方家にいることが多く
空の色が日々違うことがよくわかります。
若林先生、ご存知でしたか・・・。
日々あわただしく過ごしていると、いろいろおろそかになりがちで
そんな時にこちらにお伺いすると
あれこれ見直すきっかけをいただけます。

戻れるものなら戻りたい・・・
そうですね、本当にそう思うことが前よりふえました。
同年代の友人達も同じようなことを言っています。
でも、今だからこそわかることがたくさんあって
今を大切にしたいと思うことで、前に進んでいけますね♪
momoさんもお大事になさってくださいね。
Commented by miyabiflower at 2014-06-06 00:39
cocolinaさん
お料理は五感で楽しむ・・・、そうですね。
テーブルコーディネートは豪華過ぎるとなんだか落ち着きませんね。
シックで居心地のよいテーブルが一番だと思いました。
ジンジャーゼリーもそのしゃれた名前も
アシスタントの方が考えたものなのですよ。
葉生姜の花びら・・・感動しました♪
・・・ありがとうございます。
何かしら親から引き継いでいるものがあるといいなと思っています。
仲良く笑顔で食卓を囲む・・・それが何よりですね^^
Commented by miyabiflower at 2014-06-06 00:43
pnierrさん
最初はいったいどんな人達が集まるのかしらと不安もあったのですが、
三弥子先生のおもてなしの心と
集まる方たちそれぞれの魅力で、緊張せずに過ごせるようになりました。
今回も 気取らずによく笑って本当に楽しい時間でした。
ジンジャーゼリー・・・作りますね^^
Commented by liberty-es at 2014-06-16 22:36
miyabiさんこんばんは♪
遅ればせながらご長男のご結婚おめでとうございます☆
母親にとって息子さんのご結婚は嬉しい反面ちょっぴり寂しい
お気持ちではないでしょうか。
新居はお近くですか?
たまに訪ねてきてくれるのが楽しみですね♪

素敵なお料理教室ですね♪
シックなテーブルコーディネートや器も素敵です。
先生や皆さんとおしゃべりしながらのお食事も
楽しいでしょうね♪
Commented by miyabiflower at 2014-06-18 10:19
libertyさん
ありがとうございます。
そうですね、深夜の夕食作りもなくなり、洗濯物も少なくなって
家事に関してはとても楽になったのですが
ちょっと張り合いがないような・・・。
そう遠くはない所にいるので、時々来ますよ^^

派手過ぎないコーディネートは座っていて落ち着きますね。
おいしく楽しい時間を過ごしていろいろヒントをいただいて帰ります♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2014-06-02 15:57 | おいしい | Trackback | Comments(24)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。


by miyabiflower