NEW POST

讃岐かがり手まり 菊と紡錘の交差かがり・四つ葉と菊

『讃岐かがり手まり』の“菊と紡錘(つむ)の交差かがり”ができあがりました。

讃岐かがり手まり』は香川県の伝統的工芸品で、
糸は讃岐三白(塩・砂糖・綿)の綿を紡いで草木染めしたものです。
土台のまりはもみ殻を芯にして糸を巻きつけて作ります。

単純な「菊」と「紡錘」を組み合わせて交差させることで
新しい模様が見えてきます。
b0255144_1375569.jpg
紅花染めのグラデーションで菊をかがりました。
帯の青は藍染めの糸です。
b0255144_1381172.jpg
大きい紡錘のこげ茶色は栗、
小さい紡錘のベージュ色は桑で染めた色です。
b0255144_13172535.jpg
白っぽく見えるところは淡い紅花染めの色です。

こちらは 習い始めた頃にかがった“紡錘形(つむがた)交差かがり”。
b0255144_1391455.jpg
このころはこの形だけでも、とてもむずかしく感じられました。

かがりかけだった“四つ葉と菊”もできあがりました。
b0255144_1310256.jpg
ログウッドの紫で二通りの菊をかがります。
b0255144_13101441.jpg
四つ葉がわかりますか?

教室に用意された草木染めの糸、
自然からいただいた色が並びます。
b0255144_23325182.jpg
どの色にするか、
どの色と合わせるか・・・
いつも迷ってしまってなかなか決まりません。

この色もきれい、あの色もかがってみたい・・・。
様々な色を目の前にして、
素材の草や木と会話をしていうような気持ちになります。

ふっとその草木が青い空の下で風と戯れている姿が浮かびました。
思いもよらない色を内に秘めている枝や葉、茎や根・・・。
その色を受け取って模様をかがるのです。
そう思ったら、草木と少しつながったような気がしました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
当ブログの掲載記事及び写真の著作権は管理人にあります。
文章・画像の無断転載(ピンタレストのピンを含む)は固くお断りいたします。


All rights reserved.
Unauthorized copying prohibited(including pinning on pinterest).

トラックバックURL : https://miyabihana.exblog.jp/tb/22775619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by catpawc at 2014-06-13 12:27
こんにちは♪
いつもmiyabiflowerさんのてまり楽しみに拝見しています^^
すっかり影響されて雑誌も見ました(^^)v
こんどのもシックでいいですね~!こげ茶と青の組み合わせ好きです

ギガンジウムのお花を一緒に写してくださったので大きさがよくわかりました。両手に乗せてじっくり眺めてみたいです( *´艸`)
Commented by odamaki719 at 2014-06-13 20:25
こんばんは??
 讃岐かがり手まりの素敵な草木染めの糸が素晴らしいですよね。
こんなに種類があると迷いますね。
優しい色合いが素敵ですね。
Commented by suzu-clair at 2014-06-13 23:16
いつもとても丁寧できれいな作品ですね☆

草木染めの糸に、
素材の草木を思うmiyabiflowerさん、
とても素敵ですね☆

もとの草木の息吹を感じるような
美しい色合いの糸、
本当にきれいですね。
「内に秘めた力」
私も同じようなものを感じている気がします。

いつも素敵な記事をありがとうございます☆
Commented by calmcalmcalm at 2014-06-14 21:49 x
miyabiflowerさま
いつもいつも素敵な作品ですね
その手仕事と 草木染の糸の美しさ素晴らしいと感じています
飾っておられるのでしょうか
色があせるのではと感じましたので・・・
Commented by miyabiflower at 2014-06-15 23:59
catpawさん
いつも見てくださってありがとうございます♪
紅花のピンクをどうしても使いたくなって、
こげ茶色と合わせました。
藍染めの色、帯に入れてみたらアクセントになって引き締まりました^^
機会があればぜひ手に取って手のひらの上で転がしてみてくださいね。
Commented by miyabiflower at 2014-06-16 00:03
odamakiさん
草木染めの色は、やわらかくて見ているだけでほっとします。
並んでいる中から選ぶのですが、迷い始めると本当に決まらないのですよ。
どの色もそれぞれの良さがありますし、
組み合わせるとなると幾通りもありますから・・・。
色選びも楽しみのひとつです^^
Commented by miyabiflower at 2014-06-16 00:06
すずさん
ありがとうございます。
たくさんの色を見ていると、いったいどこからこの色は来たのかしらと
いつも不思議な気持ちになります。
枝や根からは想像できないような色が染まっているのですから・・・。
何も言わず黙って揺れている草木が、実は様々な色を秘めている・・・、
そんなことを思うと、草木も花もいっそういとおしくなりますね♪
見えない力をたくさん秘めているような気がしています。
Commented by miyabiflower at 2014-06-16 00:09
calmcalmcalmさん
ありがとうございます。
草木染めの色は本当に様々で、こんなにたくさんの色があることを
いつも不思議に思います。
飾っておくと色あせてしまうので、しまってあります・・・。
でも 時々飾ったりもしています。
しまっておいても、二年前のものは少し色あせてしまっているような・・・。
でもその時間の経過も、手まりには こめられているような気もします。
また見ていただけましたらうれしいです^^
Commented by primarosa at 2014-06-17 11:49
こんにちは^^
毎回讃岐かがりの手まり、楽しみにしています。
美しくて規則正しいかがり、微妙な自然由来の色に
いつも魅了されます。
こんなに色があったら、あれもこれもと迷ってしまいますね。
最初の頃のかがりから十分美しいです!
また楽しみにしています。
Commented by miyabiflower at 2014-06-18 10:15
primarosaさん
いつも見てくださってありがとうございます。
シンプルなかがり方でも組み合わせると複雑な模様になります。
最初見た時には、どうかがるのか全くわからなかったのですよ。
色の組み合わせは 今度こそいつもと違った感じにしてみようと思うのに、
気がつくといつもの感じになっています。
みなさん そう言っています。 
そのいつもの感じが個性なのかも知れませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2014-06-13 09:58 | 讃岐かがり手まり | Trackback | Comments(10)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。


by miyabiflower