NEW POST

いつものように花から実へ sanpo

梅雨の合間の青空が見えた日、
実家の庭では萩の花が風に揺れていました。
b0255144_1493699.jpg
少し小さめの花をつける屋久島萩です。
b0255144_1494841.jpg
一年前と同じ姿を見せてくれるとほっとします。

あのぱくぱくしたニシキギ、まだあるかしらと探してみたら、
見たことのない姿が・・・。
b0255144_149582.jpg
小さくてピントが合わないのですが 三枚羽があるように見えます。
b0255144_150698.jpg
この後どうなるのか気になります。

五月にはこんな花を咲かせていました。
b0255144_1501638.jpg
いつものように花から実へと姿を変えるのです。

こんがり日焼けしたシロヤマブキも去年と同じです。
b0255144_1502474.jpg
ちょっと前まではまだ茶色くなかったのに・・・。

緑色だったあのグミがどうなっているか見てみたのですが
ひとつもありませんでした。
去年は赤い実がかわいくて家に持って帰りました。
鳥が食べてしまったか 熟して落ちてしまったのでしょうか。
今年もきっと会えると思っていたのですが・・・。

そして加賀の白梅。
今年は実が少なかったうえに、しばらく行けなかったので
実がどんどん落ちてしまってもう残り少なくなっていました。
b0255144_1535127.jpg
それでも高枝鋏を使っていくつかやっと採りました。
b0255144_150523.jpg
届く所のものを全部集めてもこれだけ。
去年はたくさん実をつけたので、採りきれなかったのですが・・・。

紅梅はちょうどいい頃だったようで こちらはたくさん採れました。
b0255144_151053.jpg
白梅に比べて少し小ぶりです。

今年も梅の香りを持ち帰りました。
帰り際、見送ってくれた母に
「梅の砂糖煮できたら持ってくるわね、好きでしょう?」と訊いたら
返ってきた言葉が、「おいしい」・・・?!
 「おいしいって・・・
  好きかどうか訊いてるのに・・」と言うと
母は はっと気づいて ふたりで玄関先で大笑い。

家に帰って長女に話したら やはり大笑い・・・。
「きっと砂糖煮を食べたのを想像して 
思わずおいしいって答えたのね」

来年も再来年も、梅の実を見たら、このことを思い出しそうです。
ずっと母が作っていた砂糖煮、
いつのまにか私が作るようになりました。

父にはもう食べてもらえなくなったけれど
来年も再来年も 母に砂糖煮を食べてほしい・・・
そんなことを思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
トラックバックURL : https://miyabihana.exblog.jp/tb/22808590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bbex162546 at 2014-06-20 07:03
ご実家には、四季折々いろいろなものが咲くんですね。
「おいしい」の言葉に優しさをかんじますね。
Commented by miyabiflower at 2014-06-20 12:55
三友写真部さん
実家の庭は八十歳の母が好きな花や木がいろいろ植えてあります。
この時季は花はひと休みなのですが、実が育っていく途中で
それはそれでおもしろいのですよ。
もう少しするとチダケサシが咲くと思います。
「おいしい」・・・思ってもみなかった言葉が返ってきたのですが
食べたつもりになって答えた母がなんだかかわいく思えました^^
Commented by Chi-i0524 at 2014-06-20 17:45
慌ただしい毎日・・・。
こちらにお邪魔して、ふわっと癒して頂きました(^^)
疲れていましたがmiyabiさんの優しさでエネルギー補給♪
この後の家事、がんばりまーす。
Commented by mi-mamam1 at 2014-06-20 19:55
「おいしい」…女三代、共通の物語ができましたね。
血脈…時に重いつながりにもなるのに、こんなにやさしいつながりを持っているmiyabiさま。
素敵だなぁと思います。
とても「おいしい」梅の砂糖煮なのでしょう。
代々、受け継がれる「おいしさ」ですね。
Commented by worm_light1027 at 2014-06-20 21:30
こんばんは~^^
萩の花✿ 初めて見ました~('-'*)
小さな可愛い 感じなんですね~。色も素敵^^
梅の砂糖煮 とっても素敵な思い出ですね^^
Commented by miyabiflower at 2014-06-20 22:37
Chi-iさん
ふわっとなってくださったのなんて、うれしいです。
毎年同じ繰り返しのある庭ですが、
会えると思った実に会えなかったり
花が多かったり少なかったり・・・、決して同じではないのですね。
そう思うと、今咲いている花に会えたことが、
よりいっそううれしいことに思えてきます。
家事、がんばれましたか?
毎日のことですけれど、なんとか元気にこなしたいですね^^
Commented by miyabiflower at 2014-06-20 22:53
mi-mamanさん
そうですね、女三代、共通の物語ができたのですよね。
長女が覚えていなくても、小さかった頃一緒に過ごした時間が
きっと心の中には残っているのでしょうね。
なかなか三人揃わないのですが、こういう楽しい話は共有したいですね♪
梅を採るところから始まる梅の砂糖煮、
時間も手間もかかるのですが、
例えばレンジで何十秒でできてしまっては、梅がかわいそうな気がします^^
Commented by miyabiflower at 2014-06-20 22:55
ユイさん
萩の花は秋に咲くものだと思っていたのですが
実家の萩はいつも今頃咲くのですよ。
ちらちらと小さな花が揺れている姿はとてもかわいいです。
青梅の砂糖煮、きのう作りました。
記事にしましたら見てくださいね^^
Commented by akdeniz_tk at 2014-06-21 07:10
萩のお花って、可憐ですね。
梅の砂糖煮。実際、食べてからじゃなくて、その言葉だけで、
「おいしい」が出てくるほど、絶品なのですね。
梅と言えば、梅酒と梅シロップしか食べたコトも作ったコトもないです。
梅が手に入れば良いのに・・・って、ないものねだりをしてしまいます。
Commented by amamori120 at 2014-06-21 22:22
相変わらず 写真が生きてますねぇ   脱帽 <(_ _)>
Commented by maria_rickey_melu at 2014-06-21 22:33
こんばんはぁ^^
我が家にも萩の木があrましたが、(勝手に生えて来ました。)
バラの横に大きくなって行って困った挙句ばっさり切ってしまいました。
お花は可憐で好きだったんですが~。
小さくなっても、芽吹くと思ってましたが、残念でした^^;
Commented by calmcalmcalm at 2014-06-22 09:48 x
miyabiflower さま
私たちの環境は 少しずつ変化していて
植物も その環境を守ってあげないと
花を咲かせたり実をつけるのも見せてもらえなくなりますね
いつもいつも miyabiflower さまのとても暖かな目線を感じます
Commented by petit-panier at 2014-06-22 13:13
もう萩が!
miyabiflowerさんのブログはいつも本当に季節感がありますね~
ココロが休まります(^^
私も自然にあふれたところにおりますが、毎日畑仕事で余裕がなくて(^^;
今年は大発生のマイマイガの幼虫と戦っています!
大嫌いなのに毎日出会います・・・

Commented by miyabiflower at 2014-06-22 23:41
akdenizさん
萩の花は秋のものだと思っていたのですが
この屋久島萩は毎年今頃咲くのです。
葉っぱの間にちらちらと花が見えてかわいいですよ^^
梅シロップは作ったことがなくて、いつも砂糖煮にしていました。
そちらでは手に入らないのでしょうか・・・。
10年以上前に受け取ったトルコからの絵ハガキに
梅の花が書いてあったような記憶がうっすらあるのですが・・・。
Commented by miyabiflower at 2014-06-22 23:44
amamoriさん
いつも見てくださってありがとうございます。
ニシキギは小さくて、コンデジのマクロモードでもなかなかピントが
合いませんでした。
かわいいと思って撮っているので、それが伝わるのでしょうか・・・^^
Commented by miyabiflower at 2014-06-22 23:48
mariaさん
そちらの萩は咲かなかったのですね。
でもまだ株は残っているのでしょうか・・・。
これから花芽が育つことはないのでしょうか?
小さい萩なので、
ちらちらと葉っぱの間で揺れている姿がとてもかわいいです^^
mariaさんのお庭はいろいろな花が咲いて素敵ですね♪
Commented by miyabiflower at 2014-06-22 23:51
calmcalmcalmさん
毎年当然咲いて実が生るものだと思っていても
必ず会えるとは限らないのですね。
庭木は突然切り倒すことはないのですが、
街路樹のエンジュの木が、
大きくなりすぎたとかで何本も切り倒されていました。
その後にハナミズキを植えていましたが、
これも大きくなったら切られてしまうのかしら・・・と
先のことが気になりました。
Commented by miyabiflower at 2014-06-22 23:55
petit-panierさん
萩は秋だと思っていたのですが、屋久島萩は毎年今頃咲くのですよ。
petit-panierさんのお散歩にいつもこっそりついて行って
楽しませていただいていますよ^^
マイマイガ、調べて見たらあちこちの市で「大量発生しました」という
注意が書かれていました。
画像は見たくなかったのですが、自動的に少し見えてしまいました。
毛虫に毎日会うのはうれしくないですね。
刺されたりしないように気をつけてくださいね。
かわいい花や虫にも会えますように^^
Commented by watmooi at 2014-06-24 22:47
こんばんは。
こんなふうに写真が撮れたら、と思いながら読ませていただきました。
お母様とのやりとり、なんだか映画の一場面のよう。
花が咲き、実がなり、毎年同じように繰り返されることに
気持ちを添えられること、なによりも幸せなことですね。
Commented by miyabiflower at 2014-06-27 11:16
watmooiさん
季節は毎年同じように繰り返しますが
少しずつ花の咲き方や時季が違っていたり・・・。
そしてそれを見るこちらの状況は決して同じではないことに
寂しさを覚えたりします。
それでも同じ季節が廻り、一緒に過ごせる人がいることは
やはりしあわせなのだと思えますね。
季節とともに暮らしていられることもとてもしあわせなことですね。
当たり前と思わないで大切にしたいです^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2014-06-20 02:28 | 花と実 | Trackback | Comments(20)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。


by miyabiflower