NEW POST

讃岐かがり手まり 水仙・桃の花



『讃岐かがり手まり』の“水仙”ができあがりました。


讃岐かがり手まり』は香川県の伝統的工芸品です。

糸は讃岐三白(塩・砂糖・綿)の綿を紡いで草木染めしたもので、
土台のまりは もみ殻を芯にして糸を巻きつけて作ります。


教室で迎えてくれた春の手まり。

b0255144_18032339.jpg

ほっと気持ちがほぐれます。



水仙は花屋さんには冬のうちから並びますが
地植えのものは今、白や黄色の花がとてもきれい。

季節に寄り添う手まりは かがっていて心がなごみます。

b0255144_18022889.jpg

花の中心を六角形にして、花びらは三角形を重ねて。

b0255144_18023609.jpg

葉っぱはいつも帯をかがっている巻きかがりの応用です。
すっと伸びた水仙の葉の雰囲気が出ています。



教室に飾られていた‟桃の花の手まり”。

b0255144_18024548.jpg

習い始めたばかりの頃に教えていただいたので なんだか懐かしい・・・。

b0255144_18025381.jpg

赤い土台まりでまたかがりたくなります。


以前かがった“桃の花の手まり”を手のひらに乗せていたら
その頃の自分に会えたような気がしました。

b0255144_18025925.jpg

横に菱形をかがっていくことで
上から見た時に花が表われるようになります。

かがり終わって花びらの形が見えた時の
しあわせな気持ちがよみがえるひととき。

b0255144_18030496.jpg


今は手まりも大きくなって
模様も複雑なものをかがるようになりました。

それでも手まりや糸をいとおしいと思う気持ちは
ずっと変わることがありません。

変わらない、と言うよりは
ひと針ひと針ゆっくり手まりをかがっているうちに
いとおしい、という気持ちが育っていくのかも知れません。

そしてそのいとおしい気持ちは
手まりだけではなくて
身近にあるささやかなものにも注がれるようになるのでしょう。


近所で出会った水仙。

b0255144_18080620.jpg

誰かを思い出したり、
何かを伝えてくれたり・・・。
大切な光景です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

当ブログの掲載記事及び写真の著作権は管理人にあります。
文章・画像の無断転載(ピンタレストのピンを含む)は固くお断りいたします。

All rights reserved.
Unauthorized copying prohibited(including pinning on pinterest).

トラックバックURL : https://miyabihana.exblog.jp/tb/24268981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gin-kakurega at 2015-03-24 12:57
こんにちは。
葉の表現が伸びやかで素敵だなと思いました。
重ねの色目が美しいですね。
今は観賞用の工芸として手毬が伝えられている様ですけど
これは実際に床に弾んで、つくこともできるのですか?

Commented by yayoi at 2015-03-24 18:25 x
今日はまた素敵な色ですね~!
大人の色だな~と思って拝見しました。
糸選びの大変さや楽しさが伝わってきます。

いろんな面があってほんとに魅力的ですね~。
いとおしく思われるのがよくわかります。
画面上だけですが、わたしも「讃岐かがりてまり」
に出会えてとても幸せです。


Commented by azu-azumy at 2015-03-24 18:52
こんにちは。
手まり、本当に美しいですね♪
小さなまあるい世界に季節の息吹きが感じられて。
その素晴らしさにいつもため息の連続です。
Commented by misarin-1126 at 2015-03-24 20:07
miyabiflowerさん こんばんは☆彡|

↓の水仙のお写真を拝見してから・・・。
今一度miyabiflower さんの『讃岐かがり手まり』の“水仙”を拝見。
本当に上手に仕上がっていますね。
作品を作る過程では、色々な想いが込められていますので
桃の花の手まりも素敵です。

そちらは、もうソメイヨシノが咲き始めなのですね☆彡
今日は雪が舞って寒い一日でした^^: 桜はもうすぐ後ですね!
Commented by otomeurarafuku at 2015-03-24 21:37
miyabiflowerさんの手毬はどれも優しい色合いが素敵です
水仙の花 葉の表現 とても綺麗ですね
愛おしんで作ってあるのが作品に表われていますね~

Commented by petit-panier at 2015-03-24 22:23
ほんとうにいつ見ても素敵な手まりですね!
水仙も配色がとても好みです(^^
季節が感じられて素敵な作品ばかり。

Commented by janto at 2015-03-24 22:33
こんばんは♪
春を彩る水仙のてまり・・・とてもすてきですね。
桃の花てまりも、可愛らしい^^
同じデザインでも色の組み合わせで、ずいぶん雰囲気が違いますね。ひとつひとつ糸に込められた思いも現れているのでしょうね。
こちらは、また冬に逆戻りで、雪が降り続いています。
可愛らしい手まりに春を感じさせて頂きました^^
Commented by amamori120 at 2015-03-24 23:36
こんばんHA

いつもながら 見事っ と云ふしかありませぬ ♪

タノシイでせうねぇ
Commented by iris304 at 2015-03-25 08:11
こんにちは〜

このデザインも 上品で素敵です。
水仙に見えますね〜
こうして糸を丁寧に重ねていくと確かな形になるのは
人の人生にも似ていますね。
確かに 思いと一緒に育っていくのでしょうか?
桃と水仙の花と共に穏やかな気持ちになりました。

ありがとうございます。
Commented by nonshi24 at 2015-03-25 09:06
続けること…素敵ですね♪
どうしたらこんなに素敵な模様が出せるのか
素晴らしいです
Commented by smilelife7 at 2015-03-25 18:45
素敵ですねぇ。
今までのmiyabiさんの淡い感じと違って
きりっとしてますね。
水仙は香りもいいし、歌ってるような形が好きです。
緑の葉でしまって、いい感じですね。
どれも愛しいというmiyabiさんの
想いが伝わってきます。
じっくりゆっくり物を作ることは幸せですね。
Commented by yk-voyant54 at 2015-03-25 19:57
miyabiさんの作る手まりや文章を読んでいると、
やさしい気持ちになってくる。
今日、この記事を読んで思い出しました。
かなり昔、ダライ・ラマの言葉で
「ぼくは人の中にある優しさを引き出すだけです」
とおっしゃった。この言葉は私の心に響き、魅力的で、
どうしたら私もそうなれるのか?ずーっと気になっているの。
まさにmiyabiさんって、人の中にあるやさしさを引き出して
いるのよね。あるいは思い出させてくれるというのか。
そうなんだー!と腑に落ちたよ。
いつもありがとう。
Commented by niji-no-iro at 2015-03-25 21:40
手まり、美しいですねぇ。
一針一針、想いがつまってるのでしょうね。^^
素敵すぎて・・・。不器用な私は、ただただため息です(^^*)
お部屋に飾ったら、あったかーい気持ちになれそうですね(^-^)
Commented by miyabiflower at 2015-03-26 01:07
ginさん
ありがとうございます。
水仙の表現も好きですが、葉のかがり方も趣がありますよね。
違う色でもかがってみたいのですよ、
どんな花になるのか・・・。
この手まりはほとんど弾まないのでまりつきはできないのですが、
江戸時代にはおが屑を入れた手まりをついて遊んだそうです。
お手玉のような遊び方もあったということです。
毬つき唄というのがあるのですがどんな遊びなのか
先生にお訊きしてみますね♪
Commented by miyabiflower at 2015-03-26 01:12
yayoiさん
いつも淡いピンクや藤色を選ぶのですが
濃い緑の土台まりにしたら 和の雰囲気が増したような気がしています。
色を変えたらどんな風になるのか、毎回想像しています。
配色を変えてかがりたくなります。
草木染めでかがる様々な模様はそれぞれ魅力的で、
しかも色を変えると全く違う模様にも見えて・・・。
奥深いものですね。
「讃岐かがり手まり」を知っていただけて私もうれしいです^^
Commented by miyabiflower at 2015-03-26 01:15
azumyさん
ありがとうございます。
季節を感じさせてくれる小さな世界、
かがればかがるほどいとおしくなります。
いつも次の手まりを教えていただくのが楽しみです。
また見ていただけたらうれしいです♪
Commented by miyabiflower at 2015-03-26 01:18
misarinさん
ありがとうございます。
水仙って星のような花だと かがってみて改めて思いました。
桃の花は最初の頃かがったもので
菱形をかがることで花びらが浮き上がるのがとても不思議でした。
最初に考えた人、すばらしいなぁといつも思うのですよ。
きのうきょうと寒さが戻ってきましたね。
でも春がすぐそばで待っているようです^^
Commented by miyabiflower at 2015-03-26 01:20
otomeさん
ありがとうございます。
水仙の葉、雰囲気がありますよね。
草木染めの糸をかがっていると
色は模様が気持ちをやさしくしてくれます。
大切にかがらないと手まりがかわいそう・・・
そんな風に思っています^^
Commented by miyabiflower at 2015-03-26 01:22
petit-panierさん
ありがとうございます。
花を引き立てるために、あまり色の数をふやさず
土台まりも葉っぱの色に似た色にしました。
季節の花をかがるのは楽しいですよ^^
Commented by miyabiflower at 2015-03-26 01:25
あんさん
ありがとうございます。
水仙はちょっと大人っぽくて 桃の手まりはかわいいですね。
できれば配色を変えて三つ四つとかがってみたいのですが
なかなか時間がなくて・・・。
今は手まりが大きいのでひとつにしています。
ひとつを丁寧にかがる方が手まりも喜びますよね^^
こちらも冬に戻ったようで、空気が冷たく感じられます。
でも春はすぐそこに来ていますね♪
Commented by miyabiflower at 2015-03-26 01:26
amamoriさん
ありがとうございます。
楽しいですよ♪
色が決まらないと迷いに迷って困ってしまいますが
それも楽しみのひとつです^^
Commented by madameyfrance at 2015-03-26 08:07
こんばんは♪
落ち着いた色合いの水仙の手まり、素敵ですね♡
小さな球体に、糸のかがり方でこんなにも様々な表現ができるなんて!!
桃の花の手まりもなんて可愛らしいのでしょう。
糸の色によって表情も随分と変わってきますね。
大きさや形や模様はそれぞれに個性があり、
そしてmiyabiflowerさんの思いも重なって美しく生まれてきた手まり。
愛おしく感じるお気持ち、よく分かります♡
Commented by CarolineIngalls at 2015-03-26 12:32
水仙の手まり、素敵ですね~♪
お花と葉っぱと、両方がまぁるい世界にちゃんと入っていて。
本当に可愛らしいです^^
いつも手まりを見せて頂くのを楽しみにしています。
季節感が可愛らしい手まりの中に優しく表現されているところに、いつも感激しています。
これからも楽しみにさせて頂きますね。
讃岐の手まりを初めて知ったのも、miyabiflowerさんの手まりででした^^
Commented by usatyu4 at 2015-03-26 22:05
こんばんは マリは全部ご自分で作られる
のですね。きれいで素敵です。時々讃岐
がでてきますが、香川県の出身ですか。
Commented by primarosa at 2015-03-27 09:29
こんにちは^^
また今回の色合いは素敵ですね~。
水仙のすっと伸びた葉が表現されていて
花とのバランスがほんとうに素晴らしい。
桃の花のかがりも優しい雰囲気ですが、
今回の水仙は花の凛とした雰囲気も出ていて
いいですね!
私も習ってみたくなりました。
Commented by miyabiflower at 2015-03-27 23:20
あいりすさん
ありがとうございます。
おっしゃる通りだと思いました。
丁寧に重ねていくことで確かな形になる・・・
人生そのものですね。
手まりをかがることで いとおしさが育まれてゆく、
そんな風に思うようになりました。
小さなまるい世界が時として大切なことを教えてくれます^^
Commented by miyabiflower at 2015-03-27 23:24
かほさん
続けようと決心をして始めたことではないのですが
気がついてみたら 振り向くと道を進んでいた・・・
そんな感じです。
手まりの模様、初めて考えた人ってすばらしいなと思います。
続けることで、遠い日にかがった人の思いを
少しでも引き継いでいけたらいいのですが・・・。
Commented by miyabiflower at 2015-03-27 23:27
すまいるさん
淡い色の土台まりにかがってみようかしらとも思ったのですが
水仙の花が引き立つように濃いめの色のものを選びました。
きりっとなってよかったです♪
この葉っぱ、好きになりました。
自分でかがったどの手まりも愛おしくて、
誰かがかがった手まりも、
その人の宝物なのだと思うと愛おしくて・・・。
じっくりゆっくり・・・、すまいるさんの絵も同じですね^^
Commented by miyabiflower at 2015-03-27 23:32
voyantさん
そのように感じてくださって
うれしいような恥ずかしいようなもったいないような・・・。
ありがとうございます。
自分では全く意識したことがなくて
ふっと心に浮かんだことを書いているだけなのです^^
ある時は自分をなだめるような気持ちで
ある時は自分に言い聞かせているような気持ちで・・・。
これからも心の風景を綴っていこうと思っています。
こちらこそいつもありがとうございます^^
Commented by miyabiflower at 2015-03-27 23:37
蒼さん
ありがとうございます。
大切にていねいにかがらないと手まりがかわいそう・・・
そんな気持ちになるのですよ^^
楽しいことや心あたたまることを
思い出しながらかがることもあります♪
草木染めの糸はぬくもりがあるので、見ているとほっとします^^
Commented by miyabiflower at 2015-03-28 21:46
ゆうさん
ありがとうございます。
水仙の白い花を浮き立たせたくて
落ち着いた色の土台まりを選びました。
小さな手まりが四季を感じさせてくれて
日々の暮らしの中にちょっとした彩りを添えることができます♪
桃の花、またかがりたいと思いましたよ^^
色の組み合わせを変えるとどんな風になるのか、
かがっていてとても楽しみです。
愛おしいという気持ち、なくしたくないですね♡
Commented by miyabiflower at 2015-03-28 21:50
Carolineさん
ありがとうございます。
季節を思わせてくれる小さなまるい世界が
やさしい気持ちを運んでくれました。
かがりながら季節を寄り添うような思いがして
春に憧れたり、去っていく冬をもう一度辿ってみたり・・・。
そんな時間も愛おしく思えます。
いつも見てくださってありがとうございます。
讃岐かがり手まりに出会えたことで
たくさんのあたたかなものを手にしたと思っています^^
Commented by miyabiflower at 2015-03-28 22:02
うさこさん
土台のまりは、教室に用意されているものを使っています。
もみ殻を使った作り方も教えていただいたのですが
きれいに作るのがむずかしいので・・・。
毎回自分で作られている方もいらっしゃいます♪
讃岐かがり手まりは偶然知って、
草木染めの色合いに魅かれてました。
そして父方の菩提寺が香川県にあって
曽祖父の代までは香川県に住んでいたので、
縁を感じて迷わず習い始めたのですよ。
これからもずっとかがり続けたいと思っています^^
Commented by miyabiflower at 2015-03-28 22:04
primarosaさん
ありがとうございます。
この水仙の葉っぱ、いいですよね、
好きなかがり方のひとつです。
最初にこれを考えた人はすごいなぁといつも思います。
桃の花のやさしさも水仙の凛とした雰囲気も
季節を感じさせてくれて
やさしい気持ちになります。
機会がありましたら是非^^
Commented by bayswater92 at 2015-04-01 17:43
おはようございます、
今さら・・ですが、ロンです!
あまりにも、『讃岐かがり手まり』の“水仙”+手まり達が、すてきで、コメントせずには、いられませんでした~。
毎年、高知へ行くときに、香川県を通って行くのにもかかわらず、
こんなにかわいい、伝統的工芸品が、存在していたのですね!
一般的な手まりと比べると、特徴も違って、もっと儚い感じがしますね。miyabiflowerさんの色使いのセンスのせいでしょうか?!
また、一つ、四国へ行く楽しみが増えました!
今年は、香川に寄ったら、もっとよ~く気にして見てみます!
Commented by miyabiflower at 2015-04-04 01:58
ロンさん
こちらにもコメントをありがとうございます。
香川県の方でも讃岐かがり手まりのことはブログで見るまで
知らなかったということもあるようです。
明治時代にゴムボールが輸入されるようになって
一度すたれてしまったということなので
一時期、目にすることもなくなってしまったのでしょうね。
草木染めの木綿糸を使うので、色合いもやさしく
ぬくもりがあるものに仕上がるようです。
高松には讃岐かがり手まり保存会もありますし、
機会がおありでしたら是非実物をご覧くださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2015-03-24 10:55 | 讃岐かがり手まり | Trackback | Comments(36)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。


by miyabiflower