NEW POST

桃のようなつぼみ 西王母と冬の庭 sanpo

今年も実家の庭に、西王母(せいおうぼ)という椿が咲き続けています。

西王母というのは中国の伝説に出てくる長命の仙女の名前。

三千年に一度実を結ぶ不老不死の霊薬の桃を栽培して、

漢の武帝に献上したそうです。

この椿のつぼみがその桃の実を思わせるので 仙女の名前がついたとか。

               

b0255144_16503516.jpg

実家の西王母のつぼみはいつもこんな感じで 「桃には見えない・・」と

ずっと思っていたのですが・・・。


今年はついに桃のようなつぼみをみつけました。

少しふくらみかけたこの姿、


b0255144_16531182.jpg

ふっくらとした桃に見えます。

開きかけるとヒヨドリが花びらを食べてしまうのですが

無事に咲いたでしょうか・・・。


緑色だった千両は赤くなりました。


b0255144_16535739.jpg

ヒヨドリが嘴に赤い実をはさんでいる姿を見ました。

実家に行くたびに 赤い実が少しずつ減っています。


蝋梅(ろうばい)にはもうつぼみが・・・。


b0255144_16544289.jpg

これもヒヨドリの餌になってしまいます。


にも花芽が。


b0255144_16552608.jpg

冷たい冬を越えて春を告げる準備を もう始めていました。


「冬来たりなば 春遠からじ」という言葉が浮かびます。
原文は「If Winter comes, can Spring be far behind?」

イギリスの詩人 シェリー(Percy・Bysshe・Shelley)の
「Ode to the West Wind」(西風の賦)という詩の最後の一節です。


先日母にプレゼントしたストリングスのポーチ


b0255144_16561184.jpg

「もったいないと思わないで使ってね」と置いてきたのに

以前作った「 讃岐かがり手まりの」“四角つなぎと変わり菊”や
お手玉と並べて飾ってありました。


b0255144_16564164.jpg

毎日見ていたいそうです。


近所に咲いていたコスモス、


b0255144_16570305.jpg


雨に打たれて寒そう。


b0255144_16571095.jpg

恋占い、途中でやめたの?


いつもの道のもみじ、


b0255144_16572073.jpg

雨上がりはやさしい表情でした。

しいんと冷たい空気の中を歩くと
過ぎてきた同じ季節がよみがえります。

いくつもの遠い冬の中にやさしい笑顔が浮かんで
やがて消えていきました。

同じ笑顔には二度と会えない・・・。

今 一緒に過ごす誰かとの 言葉や笑顔や心のやりとりを
大切に心に留めたいと 改めて思う冬のひととき・・・。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
トラックバックURL : https://miyabihana.exblog.jp/tb/25160488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nanako-729 at 2015-12-08 13:34
こんにちは!
寒い毎日になりましたね!
まだ冬はこれからと思っているのに、
もう、梅や蝋梅の花芽は動き出しているのですね!
植物たちは自然の移り変わりに敏感ですね!
Commented by hogecyan at 2015-12-08 17:20
お花もいつ咲いたらいいか困っているみたいな暖冬ですよね。近所の空き地に菜の花とひまわりさいてます。
Commented by otomeurarafuku at 2015-12-08 17:27
ほんと・・・まさに桃の様ですね
蕾も開いた花も美しいです
椿にはいろんな名がつけられていますね
憶えきれませんが その花のイメージで
素敵な名がついていると印象も深まります
以前はヒヨドリが来て ぴぃぴぃ 言っていると
実や花を食べるので 追い払っていましたが
昨年くらいから あまり来なくなりました
まだ わが家の ピラカンサの実も 無事です
Commented by wjmtmc at 2015-12-08 22:01
こんばんは~☆
西王母素敵な名前の椿ですね。
椿はあまり詳しくないのですがいろいろな名前が
付いているのですか・・・今度から注意して見てみます^^
ほんとピンクの可愛い桃ですね!

素敵なパッチワークのポーチ!お母様が他の作品と並べて飾っておきたい気落ち分かるような気がします。
きっともったいなくて使えませんよ(*^^*)
Commented by calmcalmcalm at 2015-12-08 22:26 x
miyabiflower さま
私も同じような思い出があるのですよ
編み物大すきな私
母の好みの色をそろえてセッセと編み
寒さを迎える前に仕上げて送りました
あったかいでしょって聞いてみると
まだ箱に入ったままおいてるのよって・・・
「もったいない」っていうのです
今はもう母はなくなってしまって
会えないのですが・・・
Commented by freesia-march at 2015-12-09 11:42
本当に桃そっくりの形ですね~!
このつぼみがたくさんついていたらかわいいですね^^

冬になったばかりと思っていたら
植物はもう春の準備をしているのですね。
Commented at 2015-12-09 12:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kamakura0608 at 2015-12-09 20:14
こんばんは~。
西王母と言う名前の椿なんですね~!
素敵です・・。
きっと何かロマンチックな意味がありそうで、
名前の由来を知りたいです!
Commented by miyabiflower at 2015-12-09 22:01
nanakoさん
秋から冬へと季節が移ったばかりなのに
もう春に花咲くための準備を整えているのですね。
冬枯れの中で少しずつ育つのですよね。
冬の次には必ず春がやってくるのですから
よい春のために、よい冬を過ごしましょうね^^
Commented by miyabiflower at 2015-12-09 22:04
keitoさん
秋と冬が仲良くしているみたいだと思っていたら
菜の花とひまわりですか!!
クリスマスシーズンの紅葉というのがなんとなく落ち着かなくて・・。
少しずつ季節の風物詩も変わるのでしょうか。
Commented by miyabiflower at 2015-12-09 22:10
otomeさん
椿はとても種類が多くて、
そっくりさんも多いのでなかなか名前がわかりませんね。
実家の椿は母が好きで植えたものなので名前がわかります。
桃のようなつぼみ、やっとみつけました。
ヒヨドリは追い払っても来てしまうので
ここ数年はもうあきらめています。
食べるものが他にないとしたらちょっとかわいそうで・・・。
お隣にピラカンサがありますが、やっぱりよく食べに来ていますよ^^
Commented by miyabiflower at 2015-12-09 22:16
m&jさん
椿の名前は趣のあるものが多いですよ。
とても多いので区別はつかないのですが・・・。
今年初めて桃のようなつぼみに出会えました。
ずっと桃じゃなかったので・・・・^^
パッチワーク、きっとずっと使わないのだと思います。
他にあるから・・・とか汚れるのがいやだから・・・とか言って。
でも眺めてはうれしくなるということなので、
作ってよかったと思いました^^
Commented by miyabiflower at 2015-12-09 22:19
calmcalmcalmさん
お母様への編み物、とても喜ばれたのでしょうね。
でももったいないと言って大切にしまわれた気持ちも
なんとなくわかるような気がします。
きっと、calmcalmcalmさんの気持ちも一緒に
大事に大事にしまっていらしたのですね。
あたたかな思い出ですね^^
Commented by miyabiflower at 2015-12-09 22:22
sanaさん
今年はたくさんつぼみをつけていてかわいいです。
でもちょっとふくらむとヒヨドリが食べてしまうのですよ。
小さくちぎられたような花びらがまわりに落ちています。
大きく咲いたころには破れた花びらになっています。
寒い冬ですが、春への支度を始めていました。
冬の日々の積み重ねが 春を作るのですね^^
Commented by miyabiflower at 2015-12-09 22:24
鍵コメントさん
ありがとうございます。確認しました。
お忙しい中、お手数をおかけしました。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by miyabiflower at 2015-12-09 22:27
kamakuraさん
桃の姿もかわいくて、咲いた姿も愛らしいです。
記事の最初に由来を書きました。
中国の伝説の仙女の名前なのですよ。
その人が育てた不老不死の桃にこの椿の桃が似ているそうです。
Commented by kamakura0608 at 2015-12-12 20:43
こんばんは~。
ごめんなさい!
写真に眼を奪われて、最初の記事を見逃していました!
やはりいわくがありの名前・・色んな意味があって、
中国の方の名前に思いを込めたその気持ちは後世に、
残って行くのですね。
Commented by miyabiflower at 2015-12-16 00:34
kamakuraさん
再びのコメントをありがとうございます。

今自分のコメントを読み返していたら・・・
>不老不死の桃にこの椿の桃が似ているそうです
・・??
椿の桃??? 
正しくは「椿のつぼみ」でした。ごめんなさい。
花の名前の由来、知ってみるとその花への思いも変わりますね。
椿にはいろいろな名前がついていますよね。
そっくりさんもあるので とても覚えきれませんが・・・^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2015-12-08 10:58 | 花と実 | Trackback | Comments(18)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。


by miyabiflower