NEW POST

飛行機雲と梅のひなたぼっこ sanpo


ある夕暮れ時、ベランダから見えた飛行機雲。
b0255144_22482641.jpg

ぐんぐん伸びて。
b0255144_059475.jpg

冷たい空に大きな落書き。


冬の鎌倉では道の先に。
b0255144_0531251.jpg



真上を行く白。
b0255144_0532140.jpg


トンビも一緒に
b0255144_11661.jpg


咲き始めた梅が見送るひと筋。
b0255144_0534747.jpg


穏やかな光の中、
b0255144_0535920.jpg

梅の香りが運んでくるのは 遥かな春の面影。


遠き日に思いを寄せるこのひとときも
b0255144_054828.jpg

やがては振り返り見るひとこまに・・・。


雲の形も 花の姿もいつか変わり

季節は静かに冬から春へ・・・。

それでも変わらないものをいくつか数えると

暖かな日差しの中で少しほっとするのです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
トラックバックURL : https://miyabihana.exblog.jp/tb/25322493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hogecyan at 2016-02-03 06:48
空が青くてきもちがいいですね。
梅が咲いてだんだん春ですよね♪(^^)/
Commented by linden2151026 at 2016-02-03 09:50
真っ青な空ですね。
飛行機雲も真っ白で。
この梅の花とってもきれいですね。
Commented by miyabiflower at 2016-02-03 11:09
きのうもきょうもぽかぽかとお日さまが暖かくて
ひなたにいるとコートがいらないくらいですね。
鎌倉は空が大きくて気持ちがいいです。
春が少しずつ近づきますね^^
Commented by miyabiflower at 2016-02-03 11:11
lindenさん
冬の青い空はくっきりとしていて気持ちがいいです。
この日は飛行機雲がたくさん見えました。
ガクが黄緑の梅、実家にもあるのですが、このやさしい色が好きです。
これからあちらこちらで咲きますね^^
Commented by otomeurarafuku at 2016-02-03 16:11
飛行機雲の落書きHopeのHかな~(*^_^*)
大きなキャンバスでのびのびと描いているような~
白梅 がくの色でイメージが違いますね
miyabiさんの手毬の色選びもそうなんでしょうね~


Commented by miyabiflower at 2016-02-03 22:34
otomeさん
HopeかHappyだといいですね。
最初は漢字かな?なんて思ったのですが・・・。
こんな風にクロスして見える飛行機雲は初めて見ました。
白梅、実家の梅もガクが黄緑とえんじ色です。
雰囲気が違いますよね。
手まりも同じで、一色変えるだけで、がらりと変わります。
Commented by nippa0927 at 2016-02-06 20:37
綺麗ですね〜こんなの見ると外に出掛けたくなってきました・・ようやく準備がほぼ・・ご声援ありがとうございます(*´∪`)
Commented by miriyun at 2016-02-07 06:41
冬の空への飛行機雲の筋はきりっとしてきれいですね。
クロスしたのは珍しくて楽しかったです。
そして梅はその香りとともに
いち早く春の訪れをささやいてくれているようです。
Commented by miyabiflower at 2016-02-09 00:01
nippaさん
晴れた日の梅はなんだかうれしそうに見えました。
遠くて見に行けませんが応援しています^^
ご自身も楽しんでくださいね。
Commented by miyabiflower at 2016-02-09 00:07
miriyunさん
冬は特に飛行機雲が多いですね。
クロスしたものは初めて見ました。
二本同時に伸びたりしたらずっと見とれてしまいそうです。
いつか見られるでしょうか。
梅の香り、あたりに漂っていて春を思わせました。
日ざしの中の梅、うれしそうでしたよ^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2016-02-02 23:57 | 花と実 | Trackback | Comments(10)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。


by miyabiflower