人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

抹茶味の和菓子と銀の菓子楊枝




パッチワークを長い時間続けて

ちょっと休憩、というときの和菓子です。

抹茶風味、色合いもきれいでおいしいのでよく選びます。

抹茶味の和菓子と銀の菓子楊枝_b0255144_17135133.jpg

石川県の村上製菓所の「万葉」

鹿児島県産の有機抹茶を使用しているそうです。

抹茶味の和菓子と銀の菓子楊枝_b0255144_17135812.jpg

小豆と抹茶、誰でもが好きな味。


これだけ見てわかるでしょうか。

抹茶味の和菓子と銀の菓子楊枝_b0255144_17140931.jpg

岐阜県の桃太郎製菓の「本くず上りういろう 抹茶水無月」

抹茶味のういろうの上に和菓子の水無月のように小豆が敷き詰められています。

ういろうが好きなので時々注文します。

注文と言っても、↑の万葉と同じく生協のカタログに載るのです。

でも最近、時々行くスーパーに並んでいるのをみつけました。

違う味のものもあったので楽しみです。

抹茶味の和菓子と銀の菓子楊枝_b0255144_17141670.jpg


ういろうと言えば 青柳ういろうが有名で

「しろくろまっちゃあずきこーひーゆずさくら」とCMで覚えました。

以前にもこのういろう、記事にしましたがどれだったか・・・。

わかったらリンクします。その時もこの抹茶水無月だったかも知れません。


抹茶味の生八つ橋。

こちらも生協の注文ですが、どこのものだったかは忘れました。

抹茶味の和菓子と銀の菓子楊枝_b0255144_17142421.jpg

生八つ橋にもいくつかの風味があって

どれも好きです。

ほっとひと息、緑茶のこともありますが

和菓子はコーヒーにも紅茶にも合うのをご存知でしょうか。


菓子楊枝を探していたら、こんなものがありました。

ずいぶん前に実家から持ってきたもので

銀製の松竹梅の菓子楊枝です。

いつ頃のものなのか、買ったのか引き出物だったのかは不明。

抹茶味の和菓子と銀の菓子楊枝_b0255144_17143160.jpg

アクセサリー用の銀磨きも

色が変化しないという密閉袋も持っているのですが

口に入るものなので使いたくありません。

食器用の銀磨きクロスでは細かなところがきれいにならないし・・・。

抹茶味の和菓子と銀の菓子楊枝_b0255144_17143506.jpg

練り歯磨きできれいになるけれど

和菓子がミント風味になりそうで躊躇して

迷いながらまた普段は使わない引きだしにしまうので

今度見る時にはもっと黒くなっているのでしょう。


そういえば、鶴と亀がついた銀のケーキフォークとスプーンもあります。

昭和の半ば頃の引き出物のようで

おもしろいと思って実家から以前持って帰ったのですが

ケーキと鶴と亀・・・ちょっとイメージが合わない。

ということでおそらく半世紀近く使われないまま

こちらも引き出しの中でより黒く変色してゆくのです。


【今年の八十八夜は5月日2日】お茶について投稿しよう!
更新を通知する
ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへPVアクセスランキング にほんブログ村

Commented by sikisai01 at 2022-05-21 18:46 x
名古屋のういろうは昔からの名物ですね。
私が小学校の修学旅行の時、親戚の伯父さんが宿まで面会に来てくれて、
高山の親戚中に配るようにとたくさんのお土産を持たされました。
ずっしりとリュックに収まったのを覚えています。
その時頂いたのは”大須ういろう”の方で老舗で今でも売っています。

京都の八橋もですが最近は土産で頂くことが無いので買って食べています 。
こうした和菓子もお茶に良く合いますよね。
Commented by shizenkaze at 2022-05-21 22:27
今のCMになる前は『白黒抹茶あがりコーヒー柚子桜』と歌われていましたね~♪
Commented by piyopapa07114 at 2022-05-21 22:31
こんばんは♪

ういろうと言えば、やはり青柳ういろうしか知らないです(~_~;)
でもとっても好きですよ(笑) 昔々、新幹線で米原まで移動する
時に、名古屋でひかりからこだまに乗り換える時に、ホームで
青柳ういろうを買って、宿のおばちゃんへのお土産にしました^^
メッチャ喜んでくれた、おばちゃんの笑顔が眼に浮かびます♪

銀製品、黒くなっちゃいますね^^ 黒くなるのは硫化と言う現象で
白いお湯の温泉に、銀製品のアクセサリーを付けていくと、一発で
黒くなっちゃう奴です。。。(~_~;)
プラスチックのボールにアルミ箔を引いて、そこに銀製楊枝を置き
重曹1にお湯3を注いで、楊枝がお湯に浸らせる。
かき混ぜ、お湯が常温に戻るまで、置いておけばキレイになるかも??? 
お湯は沸騰したてでは無く、少し温度が下がった玉露を入れる位の温度で。。。

もし戻らなければならなければ、塩化と言う現象で黒くなった物と
思えます。これは簡単に落ちません(@@;) ハイターとかに
漬けちゃったりすると一発アウトですね

重曹は水溶性なので、水洗で十分に落とせますから口に入っても、
心配ないのでは?と思います。。。あくまでもご参考までにです
一切の保証はありません(笑)
Commented by botanporsche at 2022-05-22 08:08
コメントはお初?で失礼します。

銀の黒文字とは豪勢ですなぁ。

その昔、象牙調の材料で自作したことあります。
https://botanya911.blog.fc2.com/blog-entry-9304.html
https://botanya911.blog.fc2.com/blog-entry-9811.html
https://botanya911.blog.fc2.com/blog-entry-4896.html
詰まらんコメントになりました、他意は御座いません。
Commented by miyabiflower at 2022-05-22 10:46
☆ sikisai01さん

そうですね、誰でもが知っているものですね。
ういろうはずしりと重いですよね、
伯父さんはみんなにおいしいものを、と思われたのでしょうね。
修学旅行に行くと親戚が会いに来る・・・というのもありましたね。
八つ橋も定番のおみやげですが、
生協で注文できるので時々買っています。
今は居ながらにして全国のものが手に入りますよね。
おいしいもの、あれこれ味わえますね。
Commented by miyabiflower at 2022-05-22 10:54
☆ 自然風さん

そうなのですか!!
「あがりコーヒー」というのは知りませんでした。
「あずきコーヒー」のCMは20年ほど前だったかもっと前・・・?
ういろうにはこんなに種類があるのだと驚いたのを覚えています^^
Commented by miyabiflower at 2022-05-22 11:07
☆ piyopapa07114さん

ういろうの思い出がおありなのですね^^
昔々は、おいしいものでもその土地に足を運ばないと
手に入らなかったのですよね。
今は居ながらにして全国のものが手元に揃います。
この抹茶味のものはとてもおいしいので時々注文しています。

銀が黒くなるのは硫化か塩化なのですね。
アルミ箔と一緒に・・・・というのは聞いたことがありました。
銀磨きクロスはかなりきれいになりますね。でもかなり根気が要ります。
練り歯磨きを使ってブローチなどはきれいにしたことがあります。

まずはアルミ箔でやってみますね。
重曹は手元にありますので、すぐにできます。
丁寧に教えてくださってありがとうございます。
Commented by miyabiflower at 2022-05-22 11:16
☆ ぼたんやさん

ご訪問とコメントをありがとうございます。
昔実家から持ち帰ったもので、古い引き出物か何かかと・・・
そういえば本当の黒文字の木で以外の材質の菓子楊枝のことも
「黒文字」と呼ぶのですよね。
記事を拝見しました。
象牙調のもの、色が明るいので和菓子によく合いそうですね。
いえいえ、参考になりましたよ^^
またお気軽にお立ち寄りください、コメントも大歓迎です^^
Commented by botanporsche at 2022-05-22 13:03
昔の引き出物は良い物が多かったのかも知れませんなぁ・・

数年前にヤフオクで箸置き落札。
銀製はヤフオクとは言え、とても買えないので錫製でした。
https://botan911.exblog.jp/28090453/

横道に逸れました。
Commented by miyabiflower at 2022-05-22 17:31
☆ ぼたんやさん

そうですね、ぴかぴかではなくても使おうかと思っています。
お客様にお出しするわけではないので・・・
まずは↑の方法でやってみます。
記事、拝見しました。
六瓢息災、縁起がよいものですね。
昭和(?)のレトロなものには惹かれますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by miyabiflower | 2022-05-21 17:44 | おいしい | Comments(10)

風の調べと花の言葉に耳を傾けながら、日々の暮らしを綴ります。          ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  当ブログのテキスト及び画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。        ©2012-2022 miyabiflower


by miyabiflower